ローパーティションの解体方法は難しい?

皆さんは、ローパーティションを解体したことはありますか?
本記事では、ローパーティションの解体方法について詳しく解説していきます。

ローパーティションとは

パーティションにはいろいろな種類がありますが、その中でもローパーティションは、床面だけでパネルを固定し、パネルの上部空間には支柱などが全くないタイプのパーティションです。
このタイプは施工の際に、天井や床などにビスを打ち込む必要がないため、施工にかかる時間は短くなります。
パネル1枚1枚が独立して設置されているのが特徴で、このタイプのパーティションの解体方法は、それほど難しくはありません。
コツや解体方法が分かれば、少し器用な人ならDIYで解体することも可能かもしれません。

解体をDIYで行うことは可能なのか?

ローパーティションでは、下部にパネルを支えるレールのようなものを固定し、そこにパネルをはめこんでいくという設置方法で施工を行います。
解体する際には、パネルを撤去した上で、床部分のレールを撤去すればOKなのですが、支柱が存在しないため、解体の際にかかる作業量や難易度という点では、比較的作業しやすいタイプのパーティションと言えるでしょう。

ただし、間違った解体方法でDIY撤去をした場合、接続パーツを壊してしまうリスクがあります。
もしも、撤去したローパーティションをリサイクル業者への売却を考えているのなら、無理をせずに業者に解体を依頼するのがおすすめです。
オフィス家具の買取のみを行っているリサイクル業者の中には、撤去作業の対応や撤去業者を紹介してくれる所があります。
そうした業者を利用するのも良いでしょう。

解体にかかる費用

ローパーティションの解体には、他のタイプのパーティションの解体と同じ費用項目がかかります。
費用には、解体作業費や搬出作業費、運搬費や処分費などがあり、屋外まで搬出する際にエレベータ内など養生が必要な場合には、養生費などもかかることになります。

かかる解体費用の目安ですが、スチールパーティションやアルミパーティションと比べると、解体作業費は㎡当たりの単価は低めに設定されています。
ただし、解体作業費はパーティションの面積によって変わり、面積が広くなればなるほど、かかる解体作業費も高くなります。

まとめ

ローパーティションの解体方法は、床から天井まで支柱が伸びているスチールパーティションやアルミパーティションと比較すると、比較的難しくありません。
ただし、無理にDIYで撤去しようとすると、パーツを壊してしまうリスクがあるため、撤去後に業者への売却を考えているのなら、無理をせずに解体業者へ依頼することをおすすめします。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました