産業廃棄物

皆さんは産業廃棄物とは何かご存知でしょうか?
本記事では、産業廃棄物について詳しく解説していきたいと思います。

一般廃棄物と事業用の廃棄物との違い

産業廃棄物を理解するためには、一般廃棄物との違いを知る必要があります。
一般廃棄物に分類されるものとしては、燃えるゴミや粗大ごみなどの家庭から出るゴミが挙げられます。
基本的に家庭から排出されるゴミが産業廃棄物と見なされることはありません。
また、テレビやエアコンなど家電リサイクルの対象となるアイテムも、やはり一般廃棄物であり産業廃棄物とは異なります。

一般廃棄物には、家庭から出る通常のゴミの他に、事業者から出る廃棄物も含まれます。
ただし、事業系廃棄物であっても、産業廃棄物とはならないものがあります。
たとえば、飲食店から出るゴミなどは、家庭から出るゴミとは明確に分類され、収集方法も料金も
異なるものの、産業廃棄物とはならないのです。

産業廃棄物とは法令によって決められたもの

このように、事業系から出るゴミであっても一般廃棄物と見なされ、産業廃棄物とならないものが多くあります。
同じ事業系廃棄物でも、産業廃棄物となるかならないかの違いは、法令で指定されている種類の廃棄物かという点に依存しています。
産業廃棄物として指定されているものは20種類あります。
主に、一般のごみ処理工場では処理するのが難しかったり、そのまま処理すると環境汚染をもたらす可能性が高いものだったりします。

具体的には、ゴムくずや廃油が挙げられます。
また、排水を処理した後に出てくる汚泥や燃え殻などもあります。
建設現場から出るがれき類も産業廃棄物に分類されており、指定された場所でないと処理ができません。
また、特定の事業者から出た場合にのみ産業廃棄物となるものもあります。
たとえば、繊維くずは繊維工業や建設業から出た場合にのみ産業廃棄物として扱われます。それ以外の業種から出た場合は、一般廃棄物として処理することが可能です。
このように、業種に関わりなく廃棄物の内容によりすべてが産業廃棄物となるものもあれば、業種によって産業廃棄物と指定されるものもあります。

まとめ

産業廃棄物は、法令によってしっかりと定められています。
法令違反となると罰則もありますので、確実に遵守しないといけません。
事業所内で廃棄手続きを担当しているのであれば、業務から出るゴミが産業廃棄物となるのかどうか事前に確認しておくべきです。
産業廃棄物は定められた業者だけが取り扱い可能ですから、ふさわしい業者選定をして、正しい処理がなされるよう手順を踏みましょう。

パーテーション工事・オフィス内装工事のオフィスボール

産業廃棄物の関連コラム

店舗の什器は産業廃棄物になるのか?

店舗の什器は産業廃棄物になるのか?

皆さんは、店舗の什器が何ゴミになるのかご存知でしょうか? 本記事では、店舗の什器が産業廃棄物になるのかについて詳しく解説していきます。 店舗の什器の特徴 小売店や飲食店が店舗の移転や廃業をする際には、店内にある什器の処分 […]

オフィス家具は一般廃棄物?産業廃棄物?

オフィス家具は一般廃棄物?産業廃棄物?

皆さまは、オフィス家具が一般廃棄物か産業廃棄物かご存知でしょうか? このコラムでは、一般廃棄物と産業廃棄物の違いなどを中心に詳しく解説していきます。 オフィス家具は粗大ゴミでは引き取ってもらえない 普通の家具は通常、粗大 […]

産業廃棄物に関連しておきやすい問題と避けるためのポイント

産業廃棄物に関連しておきやすい問題と避けるためのポイント

皆さんは、産業廃棄物を捨てる際におきる問題についてご存知でしょうか? 本記事では、産業廃棄物に関連しておきやすい問題と避けるためのポイントについて詳しく解説していきます。 産業廃棄物に関連して起こりがちな問題とは? 産業 […]

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました