アルミパーテーションとスチールパーテーションの違いについて

今回はアルミパーテーションとスチールパーテーションの違いを、構造や特徴を中心に解説していきたいと思います。

アルミパーテーションとスチールパーテーションの違いについて

ハイ・パーテーションは各部屋の間仕切り工事に使うものですが、大きく分けてアルミパーテーションとスチールパーテーションがあります。支柱の素材がアルミであるかスチールであるかの違いがあります。なおアルミパーテーションでもスチールパネルであったり、スチールパーテーションでも部材にアルミを使用していたりします。
アルミとスチールの違いは素材の違いと言うよりも、構造の違いと言った方がよいでしょう。軽量に特化した1枚パネルの簡素な構造がアルミパーテーションで、高級感に特化した両面2枚パネルの重厚な構造がスチールパーテーションと言うことができます。なお見た目には、アルミは支柱が外に出ており、スチールは隠れていますので、すぐにわかります。
いずれも、窓付きやドア、ランマ付きなどの部材が揃っており、様々な要望に対応できます。またそれぞれ規格化も進んでおり、既存パーテーションとの接合なども可能となってきています。

アルミパーテーション

アルミパーテーションは軽量なので搬入や施工等の間仕切り工事がしやすく、コスト的にもリーズナブルな点が特長です。一般的にはアルミ支柱は銀色むき出しで、その支柱間にパネルを1枚嵌めこむ構造です。パネルも比較的薄く、そのために遮音性や断熱性(保温性)等がスチールパーテーションよりも劣ります。なお軽量化のためにパネルの芯材にハニカム構造にした紙(ペーパーコア)を用いたものも多く、防火性には劣ります。高層ビルでのパーテーションは消防法により不燃性でなくてはならない決まりがあるため、可燃のペーパーコアを使ったアルミパーテーションは使用できません。高さ31mのビルは、だいたいオフィスビルの場合は1階に付き4mの高さとされており、屋上の棟屋分をプラスして7階建て以上のビルと思っていただければよいと思います。
オフィス内や工場内の面談室・ミーティングルーム等、移設や増設、撤去が頻繁に行われる場合には、柔軟に対応できてコストパフォーマンスも有利なアルミパーテーションが大変重宝します。簡素で明るく清潔感のあるオフィスとなり、観葉植物なども映えます。

スチールパーテーション

パネル表面にフィルム加工することにより木目調や石材調などデザインや色のバリエーションも多くあります。支柱が見えない構造なので高級感があり、お客様をお迎えするスペース等には持って来いでしょう。またパネルは2枚設置型ですので裏表で違うデザインにもでき、お客様スペースと従業員スペースの区切りなどにも合っています。
またパネル芯材には石膏ボード等で、防火性があります。両面のパネル間に空間がありますので、遮音性や断熱性(保温性)にも優れています。
パーテーションとはいっても、永続的な据え付け壁と同等かそれ以上の重厚感を持っていると言えるでしょう。
スチールパーテーションのパネルにはガラスや鏡、スチールパネルにしても落ち着いたデザインのものから和風調のものやヨーロッパ風の豪華なものまで、さまざまなバリエーションがありますので、今や会社エントランスや店舗、ショールーム等のデザイン設計には欠かせないアイテムとなっています。
会社の会議室や研修室、旅館やホテルの宴会場やイベントホール等は人数に合わせて会場を仕切る可動式(モバイル)パーテーションが設置されています。これらにも遮音性やデザイン性が高いスチールパーテーションが多く使用されています。
スチールパーテーションは大変有用ですが、アルミパーテーションよりも単価が高く、重いため搬入や間仕切り工事の費用も高くなるのが欠点と言えば欠点です。またアルミパーテーションよりも規格化がよりも遅れており、他社のものや既存設備との組合せができない場合もあります。

最後に

アルミパーテーションとスチールパーテーションの違いについて解説させていただきました。どうでしたでしょうか?
それぞれのパーテーションの違いを知っていただくことで、少しでもパーテーション選びの手助けになれたら幸いです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました