AEP塗装とEP塗装の違いとは?それぞれの特徴と種類をプロが解説

オフィス内装工事や壁の塗装を依頼するのにAEP塗装とEP塗装の違いを調べる人はあまりいないかもですが、内装工事をするなら費用や建材、塗料の種類や特徴を比較して、見積もりを可視化をしている適切な工事会社に依頼したいものです。そこで今回は内装の見積もりに役立つかもしれないAEP塗装とEP塗装の違いを解説します。

 

» 内装工事の流れ・ステップは?【内装工事の工程を3分で解説】

 

内装塗装にはAEP塗装とEP塗装という種類がある

AEP塗装とEP塗装の違い

内装塗装によく用いられる塗料には、EP塗料とかAEP塗装塗料などがあります。AEP塗料はEP塗料の中の一つに分類されるもので、アクリルエマルジョンペイントのことです。エマルジョンペイント(EP)は、塗料の中で液体同士が混ざり合わず、微粒子の状態でバランスよく乳化しているという特徴がある塗料のことで、風雨の影響を受けにくい内装塗装においてはよく使われています。エマルジョンペイントには水性タイプと油性タイプとがありますが、その中でも内装塗装に多く使われているのは、AEP塗料をはじめとした水性タイプです。AEP塗料の場合、ベースになっているのはアクリル成分で、アクリルウレタン塗料とかアクリルウレタンシリコンなどの塗料として販売されているものが大半です。

 

AEP塗料は油性タイプの塗料と比べると取り扱いやすく、専門的な知識や高い経験値が必要ないというメリットがあるほか、塗装面がむらなく仕上がりやすいので失敗しにくいというメリットが期待できます。

 

内装塗装で艶消し仕上げならAEP塗装

内装塗装においてAEP塗装というと、ビニールコーティングされている水性の塗料で、仕上がりはツヤ感のないマットな仕上がりになる塗料となります。ツヤ感のある塗料と比較すると、AEP塗装の方が空間を落ち着いた雰囲気に仕上げることができますし、光に当たっても塗膜が反射しないため、高級感や洗練された雰囲気に仕上がります。ツヤ有の塗料と比べた場合、ツヤ有タイプは、汚れた場合にサッと濡れた布で汚れを拭き取れるのに対し、フラットなAEP塗装の場合には、基本的には濡れた布で汚れをふき取るのはNGになるという違いがあります。

 

オフィス空間の場合、作業スペースならaep塗装で落ち着いた雰囲気に仕上げるのがおすすめですが、給湯室とかトイレなどの空間は、汚れた時にサッと掃除ができるように、フラットなaep塗料よりもツヤ感のある塗料を使うのが適しています。

 

AEP塗料はEP塗装と違いDIYしやすいのがメリット

AEP塗料は、DIYしやすいという魅力があります。ホームセンターなどで市販されている内装塗装用の塗料は、ほとんどがAEP塗装ではないでしょうか。取り扱いやすいので初めての人でも失敗しにくいですし、水性タイプなのでシンナーなどを使う必要がなく、ニオイが少ないので室内での作業にも適しています。

 

» DIYをオフィスの内装工事に取り入れる最大のメリットとは?

 

EP塗装とは?どんな特徴があるの?

EP塗装は内装でよく使われる塗装方法

EP塗装のEPというのはEmulsion Paint(エマルジョンペイント)のことで、塗料の中で他の液体同士が混ざり合わずに微粒子の状態で均一に分散して乳化している状態を指します。つまり、エマルジョンな状態を維持しているタイプの塗料ということです。EP塗料は外壁塗装に使われることもありますが、一般的には内装塗装に使われることが多い塗料です。内装の場合、溶剤系の塗料よりも水性塗料が多く、合成樹脂エマルジョンペイントがよく知られています。内装塗装によく使われるEP塗料というのは、水で薄めることができるという特徴があるほか、毒性が少なくてニオイもほぼなく、室内塗装においては施工しやすいという魅力があります。しかも、溶剤系のEP塗料と比べると価格がリーズナブルなので、広い面積を塗装したい時にもおすすめです。

 

» 内壁の素材種類別塗装方法

 

EP塗料にはまた、上述でご紹介したAEPと呼ばれているアクリル系エマルジョンペイントもありますが、これは色付けをしやすい塗料です。内壁塗装で壁に色を付けたい時にはAEPを選ぶと良いでしょう。

 

EP塗料のデメリットとは?

EP塗料には、接着性が弱いというデメリットがあります。外壁塗装にEP塗料を使うと、接着性が弱いために風雨の影響を受けやすくて塗装が長持ちしないというデメリットが考えられますが、内壁塗装では風雨の影響は受けませんから、EP塗料が持つデメリットによる影響は少ないと言えるでしょう。ただし、内壁塗装の場合でも、塗装面に凹凸があったり汚れていたりして接着性が弱くなってしまうと、はがれやすくなってしまいます。このリスクを最小限に抑えるためには、塗装を行う前にシッカリと壁面の掃除をして穴や亀裂などは修正してフラットな状態にした上で塗料を塗っていくことが必要です。天井面への塗装については、プリント模様が張られている塗装面だとやすりがけをしなければいけないため、作業量が多くなってしまいます。

 

もしもEP塗装をしたいけれど失敗したくないし作業量を増やしたくないという場合には、業者に依頼するという方法がおすすめです。

 

AEP塗装とEP塗装の違いは?それぞれの特徴と種類をプロが解説【まとめ】

AEP塗装は、内装塗装によく使われるアクリルエマルジョンペイントのことで、ツヤ無マットな水性塗料です。オフィスの内装塗装によく使われる人気の塗料で、DIYしやすい点も魅力です。EP塗料はエマルジョンペイントのことで、塗料の内部の液体同士が微量粒子の状態でバランスよく乳化しているという塗料です。内装塗装にはよく用いられる塗料で、均一に塗りやすく高い完成度が期待できるというメリットがあります。ただし、接着性が弱くてはがれやすいため、塗装前の下準備は必要不可欠です。

 

両者の大きな違いは、AEP塗装は手に入りやすくDIY向けであり、EP塗装は価格がリーズナブルなため塗装業者が好んで使うが、デリケートな塗料であることがありました。もし見積もりの価格が気になるのであれば、内装塗装の見積もりが出た際にどんな塗料を使用するのか確認をしてみてください。

 

人気記事 カフェの内装工事費用の相場はどのくらい?費用を抑える方法とは?

人気記事 スポーツジムの内装工事の相場は?費用を抑えるポイントもご紹介!

 

 

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒124-0012 東京都葛飾区立石7-3-1 SHIMADA BLDG 3F
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました