パーテーション買取|価格と高価買取3つのポイント【オフィスボール】

オフィスで不要になったパーテーション(間仕切り)は、買取ができます。移転やレイアウト変更の際、処分にお困りではありませんか。そんな時は、オフィスボールのパーテーション買取サービスをご利用ください。当社では、パーテーションを買い取って補修をし、中古として販売するリユース事業を展開しています。今回は、パーテーション買取の流れや価格事例、高価買取のポイントも解説します。

 

パーテーション買取のメリットと流れ

パーテーション買取

パーテーションが不要になると、処分について考えねばなりません。処分には、廃棄する以外に、買い取ってもらうという方法があります。オフィスボールでは、買取や下取りを得意としており、撤去したパーテーションに値段をつけて買い取っています。まずは、メリットと流れについてご紹介します。

 

≫ パーテーション買取に関するお問い合わせはこちらへ

 

パーテーション買取のメリット

メリット1:経費削減になる

パーテーションを廃棄する場合、産業廃棄物になるため専門の業者に依頼しなければなりません。廃棄費用のほかに、解体費・搬出費・車両費・運搬費などの費用が高額にかかり、負担が大きくなることがあります。オフィスボールでは、再利用できる場合、諸経費を大幅にカットし、買い取っています。また状態が悪い場合など、値段をつけて買い取れない部材は、産業廃棄物収集運搬業の許可のもと、責任を持って廃棄します。マニュフェスト(廃棄証明書)の発行も可能です。 無許可で廃棄物を運搬することは違法行為となります。安さだけで無許可の業者に依頼することは、企業にとってリスクが大きいためご注意ください。

 

メリット2:環境への負担を軽減できる

国連サミットで採択された『SDGs(持続可能な開発目標)』においても、廃棄物の削減や再生利用についての内容が含まれています。自社で不要になったパーテーションも、必要な企業に渡れば再利用ができ、環境への負担を軽減できます。不要なパーテーションのリユースは、自社では経費削減になり、中古品を購入する側にも経済的で、環境にもやさしい、というメリットの多い仕組みです。

 

≫ 中古パーテーション購入をご検討のお客様はこちらへお問い合わせください

 

パーテーション買取の流れ

続いて、パーテーション買取を依頼する際の流れについてご紹介します。

 

  1. まずはオフィスボールのホームページから、またはお電話にてご連絡下さい。
  2. 現場調査(下見・査定)
  3. お見積り提出
  4. ご発注
  5. 工事日の確定
  6. 工事日当日:解体・買取(廃棄)
  7. ご精算

 

ホームページのお問い合わせページからご連絡頂く場合、企業名や所在地、パーテーションの種類(アルミかスチールかなど分かれば)、おおよそのパネルの枚数をご記入ください。また、メーカー名や購入年なども分かれば現場調査が短時間で済みます。

 

当社では、特にアルミパーテーションスチールパーテーションの買取を強化しています。お見積りの金額は他社と比較頂いても構いません。現場調査やお見積りは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。作業時間も臨機応変にご対応いたします。

 

パーテーション買取の価格事例

次に、買取できるパーテーションの種類や対応エリア、価格の事例についても解説いたします。

 

買取できるパーテーションの種類

オフィスボールで買い取れるものは、アルミパーテーション、スチールパーテーション、ガラスパーテーションです。全メーカーに対応していますので、もしお使いのパーテーションのメーカーが分からない場合でも、ぜひお問い合せ下さい。スチールパーテーションについては、構造上の理由により、目地があるタイプのみ買い取っています。支柱に引っかけて固定しているタイプはご相談下さい。

 

買取できるパーテーションの実例

〈アルミパーテーション〉

 

〈スチールパーテーション〉

 

〈ガラスパーテーション〉

 

買取対象外のパーテーションの種類

買取対象外のパーテーション

買取対象外は、ローパーテーション ・スライディングウォール・一部のスチールパーテーション・特注品などです。また、喫煙室で使用していたものやシート貼りされている場合も対象外となります。その場合でも、解体作業や引き取り、廃棄処分は可能です。お見積りを出し、産業廃棄物収集運搬業の許可のもと、責任を持って運搬場までお運びいたします。

 

買取対応エリア

当社のサービス対応エリアは、東京・千葉・埼玉・神奈川の1都3県です。その他の地域についても可能な場合がございますので、ご相談ください。当社は本社が葛飾区にあり、足立区や港区にも支店があります。現在、東京近郊を活動拠点とし、たくさんのお仕事を頂戴しています。

 

買取価格の事例

実際、パーテーションはいくらで買い取ってもらえるのか、気になる方も多いと思います。そこで、当社の買取実績から価格の事例をご紹介します。価格は、種類や状態によって変わります。また、幅の短いカットパネルは廃棄か、0円での引き取りとなります。ぜひ処分する際の参考にしてください。

 

パーテーション買取価格の事例         
種類 パネル ドア
アルミパーテーション ~3,000円 ~5,000円
スチールパーテーション ~5,000円 ~7,000円
         *W900 1枚あたり、解体費・運搬費等別途  

 

パーテーション高価買取のポイント3つ

最後に、査定で高値を付けてもらうためのポイントと、パーテーション以外で処分できるものについて解説したいと思います。

 

パーテーション高価買取のポイント3つ

高価買取ポイント1:状態が良いもの

査定額に大きく影響するのは、見た目の状態です。へこみや歪み、サビや傷、汚れがないことが望ましいです。汚れがある場合、無理やり落とそうと洗剤や薬品を使うと、塗装が剥がれるなど、かえって状態が悪くなってしまうこともあります。掃除する際は、洗剤は使用せず、水拭きや乾拭き程度が良いでしょう。

 

高価買取ポイント2:新しいもの、人気のタイプ、再利用しやすいもの

新しいものや、人気のタイプ、再利用しやすいものは高価買取が可能です。人気のタイプとは、例えば、有名メーカーの製品や標準的な色、アルミパーテーションでも不燃など、機能性に優れたものです。ランマ部分に高さがあるものや、支柱が長いものも再利用しやすいため高値査定が付きやすくなります。また、ドアには鍵が揃っていたり、パーテーションの数量がまとまっていたりなども価格アップにつながります。

 

高価買取ポイント3:リユース事業をしている会社を選ぶ

高価買取ポイント

オフィスボールのように、リユース事業を展開している会社を選ぶことが、高値査定の大きなポイントになります。オフィスボールでは、買取したものを中古品として販売しており、解体作業、搬出作業、トラックでの運搬も自社で行います。自社で行うことで、作業費や諸経費を低価格におさえることが可能となります。外注に丸投げの会社も多数存在し、その場合は見積もり金額が高くなることが多いのでご注意ください。

 

パーテーション以外で処分できるもの

オフィス移転やレイアウト変更、原状回復の際などは、パーテーション以外にもオフィス什器や家具の処分が必要になる場合が多いと思います。オフィスボールでは、スチール製やアルミ製の家具であれば、基本的には廃棄代はかからず、お引き取りします。

 

ただし、木製、プラスチック製、スチールやアルミと木などが混合した家具、また大きな損傷がある場合や再利用が不可能なものは、廃棄代を頂いて処分いたします。商品画像、メーカー、台数、搬出場所や搬出条件(エレベーターの有無、日中作業か夜間作業)などが確認出来れば、お見積書の作成が可能です。パーテーション同様、お気軽にお問い合わせください。

 

パーテーション買取|価格と高価買取3つのポイント【オフィスボール】まとめ

不要になったパーテーションは、廃棄する前に『パーテーション買取サービス』をご利用ください。経済的で環境配慮にもつながります。今回は、流れや価格の事例、高価買取のポイント3つも解説しました。リユース事業を展開しているオフィスボールだからこそ、経費を安くし、解体も、買取も、廃棄も、責任をもってお引き受けします。当社では新品と中古、両方の販売をしており、移転作業やパーテーションの新設・移設、オフィスの内装なども一括で承ります。まずはお気軽にお問合せください。

 

 

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒124-0012 東京都葛飾区立石7-3-1 SHIMADA BLDG 3F
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました