頑丈で耐荷重に優れたスチールパーティション

オフィスや店舗の限られた空間を有効に活用する方法として、パーテーションの導入が挙げられます。
パーテーションとは日本語で間仕切りとも呼ばれ、文字通り空間に仕切りを設けて新しく部屋や通路などを設けたい時に用いるものです。
目隠しとして衝立代わりに、また、天井までの高さのあるパーテーションを導入して個室を作るなど、用途やニーズに合わせて自由に空間をデザインできるのがパーテーションの特徴です。
そんなパーテーションのなかでも、頑丈で耐荷重に優れているスチールパーティションについてお伝えします。

パーテーションの素材

パーテーションは素材によって種類が分かれていますが、現在、主流なのはおもにアルミパーテーションとスチールパーティションの2種類です。
文字通りアルミ製、スチール製のパーテーションと思いたいところですが、金属でできているのはパーテーションの骨格に当たるフレーム部分になります。
アルミ製やスチール製のフレームで骨格を組み立て、その内部にパネルをはめ込んで間仕切りを作る仕組みです。
そのため、スチールパーティションの方がアルミパーテーションよりも頑丈で耐荷重も高いですが、建物にもともと配置されている既存の壁と比べるともちろん強度は劣ります。
パーテーションを導入する前に、耐久性の高いものでも所詮はパーテーションであり、コンクリートの壁のような頑丈さは期待できないことを覚えておきましょう。

頑丈で機能性の高いスチールパーティション

パーテーションについての基本がわかったら、素材ごとの特徴についても深く知っておきましょう。
先ほども述べたように現在のパーテーションはアルミとスチールのものが主流で、アルミが軽量で扱いやすく、スチールが頑丈で耐荷重も高く機能性に優れているという特徴があります。
頑丈で耐荷重も高いスチールパーティションは、パネルとパネルの間に不燃材料を入れて耐火性を高めているものや、グラスウールなどの遮音材料を入れて防音性を高めているものなど製品ごとに特徴はさまざまです。
応接室や会議室など、重厚感が欲しい、またはプライバシーを高めたいという用途におすすめします。

まとめ

スチールパーティションの頑丈さや耐荷重の高さに注目して解説してきました。
ただ、空間を仕切りすぎると、オフィスに閉塞感が生まれることもあります。
その際にはパネルの素材を透明なものにするなど工夫しましょう。
また、頑丈なスチールパーティションではありますが、それで空間を区切って個室を作るとなると、消防法などの法律との兼ね合いも生じます。
パーテーションの導入の際は施工業者とよく相談してください。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました