軽量な部材と高いコストパフォーマンス!アルミパーテーションの特徴

オフィスの内装工事でよくあるのがパーテーションの設置です。
目隠しとして背の低いローパーテーションを設置するだけなら特に難しいことはありませんが、天井まで届く背の高いハイパーテーションを設置するには専門業者に施工してもらう必要があります。
そんなパーテーションを大きく分けると、アルミパーテーションとスチールパーテーションの2種類があることをご存じでしょうか。
ここでは、軽量で扱いやすいとされるアルミパーテーションの特徴を、その部材などから詳しく見ていきましょう。

アルミパーテーションの構造

アルミパーテーションとはその名の通りアルミ製のパーテーションのことですが、すべての部材がアルミでできているわけではありません。
アルミ製なのは支柱となるフレーム部分です。
フレームを支柱にその間にパネルをはめ込んで設置します。
そのパネルの素材は製品ごとに違っており、プラスチック、ガラス、ブロックタイプ、ダンボールのように多層の紙からなるハニカムペーパーなどさまざまです。
また、今はアルミパーテーションのカラーバリエーションも豊富で、従来の無機質なイメージとは大きく変化しています。

アルミパーテーションのメリット

アルミフレームとパネルからなるアルミパーテーションは、スチールパーテーションと比べて軽量なことが第一の特徴です。
パーテーションは一度設置した場所から移動することもありますが、その際に軽量のアルミパーテーションは取り扱いがしやすく、さまざまなレイアウトに対応できるのがメリットと言えるでしょう。

また、価格が安いこともメリットです。
メリットの多いスチールパーテーションと比べてもコストパフォーマンスに優れていると感じることが多いでしょう。

アルミパーテーションのデメリット

アルミパーテーションのデメリットといえば、スチールパーテーションより防音性がはるかに劣ることでしょう。
スチールパーテーションの部材には石膏ボードを使用しており、石膏ボードのパネルの間にグラスウールなどの吸音材を使用して遮音性を高めています。
アルミパーテーションのパネルは薄いため、軽量というメリットと引き換えに防音性や密閉性が低いのがデメリットです。

最後に

軽量で安価なアルミパーテーションは、オフィスの間仕切りとして大いに活躍してくれるでしょう。
一方、秘匿性を重視したい会議室などの間仕切りにはあまり向いていないなど、スチールパーテーションの方が優れている場所もあります。
場所と目的に応じて適材適所で両者を使い分けましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました