低予算でおしゃれに仕上がるアルミ製ポールのアルミパーテーション

オフィスのレイアウトにおいて、どんなパーテーションを採用するかは非常に重要なポイントです。
パーテーションは、間仕切りとしてオフィスのワンフロアを会議室や執務室などのように別の部屋に区切るために使われます。
所詮仕切りではないかと軽視されがちですが、パーテーションにも種類があり、それによってコストやデザインが大きく変わってくることに注意しましょう。

パーテーションの種類

パーテーションには、おもにスチールパーテーションとアルミパーテーションの2種類があります。
スチールパーテーションとは、文字通りスチールを用い、それに石膏ボードを組み合わせることで間仕切りとするタイプの製品です。
不燃材を用いているため耐火性が高く、遮音性にも優れています。
パネル同士の間にグラスウールやロックウールを充填することで、さらに遮音性を高めた製品もあるため、会議室のように遮音性を重視する空間を仕切るのに最適でしょう。

また、スチールパーテーションはパネルのつなぎ目があまり目立たないため、アルミパーテーションよりも自然な壁の雰囲気を出せるのが特徴です。
デメリットは、アルミパーテーションよりも重量があるため、設置や運搬に労力が必要でその分、コストがかかることでしょう。

アルミパーテーションの特徴

アルミパーテーションは、その名の通りアルミ製のポールを使用したパーテーションです。
天井に固定するタイプのパーテーションのなかでは、コストパフォーマンスに最も優れた種類と言えるでしょう。
アルミ製ポールを組み立てて作るパーテーションですので、スチールパーテーションより軽量で設置しやすく、コストも安価に抑えられるのが大きなメリットです。
さらに、デザイン性が高いのも特徴で、フレームやパネルにさまざまなパターンがあり、それらを組み合わせることでお好みのレイアウトにオフィスを演出できます。

一方、スチールパーテーションと比べて遮音性がまったく期待できないのがアルミパーテーションのデメリットです。
そのため、会議室などの遮音性を重視する空間の間仕切りにはおすすめできません。
あまり遮音性を必要としない目隠しや分煙室などの目的で使用するとよいでしょう。

まとめ

ふだんはあまり気にすることのないパーテーションですが、実はさまざまな種類があります。
なかでもアルミ製ポールで組み立てるアルミパーテーションはコストパフォーマンスに優れた種類です。
低予算でおしゃれにオフィスのレイアウトを変えたい時に検討されてはいかがでしょうか。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました