不燃認定とは?今求められる不燃性能の高いアルミパーティション

オフィスビルの高層化などさまざまな理由によって、今ではパーテーションにも高い耐火性・耐熱性が求められています。
従来、不燃性能が高いパーテーションといえばスチール製のものが一般的でした。
ところが、今ではアルミパーティションのなかにも不燃認定を受けた燃えにくい製品も登場しています。

不燃認定とは

建築基準法には防火材料についての項目があり、不燃材料のほか準不燃材料や難燃材料などがそれに分類されています。
材料そのものは高温になるものの、発火するまでに時間がかかり燃えにくいなどの特徴を持っています。
これらの防火材料を認定するのは国土交通大臣です。

不燃材料などと認定されるためには、以下のような具体的な基準を満たさなければなりません。
1つ目は加熱しても一定時間は燃焼しないことです。
また、燃焼しないと同時に、加熱によって変形や亀裂などの有害な損傷を生じさせないことも基準になります。
さらに、煙などの有害なガスを発生させないことも重要です。

上記の基準を加熱開始から一定時間満たす材料について、国土交通大臣が不燃材料、準不燃材料、および難燃材料と認定します。
具体的には、不燃材料が加熱開始から20分、以下、準不燃材料が10分、難燃材料が5分です。
つまり、不燃材料の認定を受ける材料は、火災が発生しても20分は安全が保証されていることになります。
パーテーションに対しても、この不燃材料の認定を受けた材料を用いた製品へのニーズが上昇中です。

不燃材料を使ったパーテーション

不燃材料の認定を受けるパーテーションというと、従来はスチールパーテーションが一般的でした。
スチールに石膏ボードを組み合わせたパーテーションですので、耐火性・耐熱性に優れているだけでなく、高い遮音性があるのも大きなメリットです。
安全性を重視する場合にスチールパーテーションが選ばれることが多かったのですが、重量がありコストが高いというデメリットもあります。

アルミパーティションはスチールパーテーションより軽量で低コストなのがメリットですが、従来は不燃材料の認定を受けたものはそれほどありませんでした。
しかし、技術が進んだこともあって、最近では高い不燃性能を持つアルミパーティションも登場しています。

まとめ

不燃材料には認定を受けていることを証明するラベルがあります。
材料自体にラベルを貼り付ける義務はないのですべてに当てはまることではありませんが、不燃性能の高いアルミパーティションを選ぶ時は、ラベルの有無を一つの基準にするのも良い方法でしょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました