Googleのオフィスデザインとは?そのコンセプトや工夫を解説

世界的にも注目されているGoogleのオフィス。そのオフィス内の様子は、雑誌やメディアで取り上げられるほどおしゃれに洗練されていることは周知のことです。しかし、そのオフィスはどれほど戦略的に構成されているかご存知ですか?今回はGoogleのオフィス環境への工夫や取り組みについて解説します。

 

Googleが目指すオフィスの環境

Googleのオフィスデザインとは?

Googleのオフィスはイノベーションが生まれやすい職場環境としてさまざまな取り組みがされています。Googleの公式ウェブサイトによるとイノベーションが起こる条件の一つに適切な職場環境が必要だと述べています。そして、イノベーションを起こす職場環境とは、従業員が安心して発言するための心理的安全を確保できること、リスクを恐れることなく新しいアイデアにチャレンジのできることだと提言しています。

 

クリエイティビティを上げるオフィスデザイン

自由な発想力と遊びごごろを持ち、トレンドを作り出す仕掛けとして、Google社の各国のオフィスは仕事と遊びの垣根を超えた空間を意識してデザインされました。仕事とは関係なさそうなボルタリングや滑り台、バスケットボールができる空間には創業者のメッセージが込められています。創業者のラリー・ペイジは母校での卒業スピーチで「わくわくすることに取り組むことが世界を変える」と語りました。『職場を楽しむ空間にすることが世界を変える』という想いがオフィス空間にも表現されているのです。

 

一見奇抜に見えるデザインが施された洞窟や卵型・ドーム型の会議室は、その異空間に一緒にいるという、その感覚が会議に一体感を持たせるように働きかけます。また、Google社のロゴのカラーでもあるパステルカラーをオフィス家具に用いるのは、オフィス内の彩りを豊かにするだけでなく、企業への帰属意識を芽生えさています。

 

コミュニケーションが取りやすいオフィス空間

オフィスにはいたるところに、ソファやベンチ、大きなクッションなど、立ち止まり、座り、落ち合う事ができる空間が設置されています。そこにはスケジュールにはない「ちょっと5分だけいいですか」といったような些細なコミュニケーションもできるようなオフィス空間が作られています。イノベーションを起こすには、従業員間のつながりとコラボレーションが重要とGoogle社は述べています。そのコラボレーションを指示することなく自然な形で実現できるようにデザインされているのです。

 

» オフィスレイアウトで業務効率、作業効率を飛躍的に向上させる方法

 

スタンディングデスクの導入

眠気を防止し、認知力や創造性を上げる効果があると言われるスタンディングデスクは、Google社でも導入されています。座って机に向かう姿勢は、前屈みの角度により首の痛みや肩こりの症状を発生させます。しかし、立ってPC作業を行う事により、椅子に座る前屈みの姿勢が改善され、血行が良くなり、肩こりや首の痛みが軽減されます。こういった健康増進の効果と眠気の防止作用は、集中力のアップにつながります。集中力アップが生産性を向上させると考えられスタンディングデスクは導入されました。

 

» オフィス家具の通販サイト【オフィスボール】

 

健康増進施設をオフィス空間に取り入れる

Google社は従業員が健康を保てる環境に大きな投資をしています。企業の健康増進としての福利厚生はフィットネスジムへの法人会員割引が一般的です。日頃の健康増進は習慣性がなければ継続することが難しくなります。ところがせっかくの福利厚生制度が導入されていても、大手スポーツジムの法人会員の割合は全体の1%程度と言われています。一方でGoogle社は一部のオフィス内にフィットネスジムを作り、従業員の行動動線に習慣的な運動が取り入れやすい環境を作りました。

 

2019年10月に渋谷の駅に直結している駅ビル、渋谷ストリームの14F〜35FをGoogle社が一棟借りして移転したことが話題になりましたが、ここにもフィットネスジムを作りました。これほどの一等地に従業員専用のフィットネスジムを作るということから、Google社の健康経営の意識の高さが伺えます。

 

また、ナップルームという仮眠ができる部屋をオフィスに作り、従業員へ無理ない就業を促したり、カイロプラクティックやマッサージを受けることによる適切な休息を促しています。これらの贅沢すぎる福利厚生は従業員への心理的安全をもたらし、Google社で働くモチベーションの向上にもつながるのです。

 

社員レストランの秘密

Google社のオフィスといえば、従業員であれば無料で食べ放題の社員レストランが有名です。創業当時からあり、社員が好きな時に手軽に飲食できるように配慮されたものでした。Google社では50か国以上のオフィスに約200ヶ所のカフェテリアがあり、スナックや飲み物をとりながら休憩のできるマイクロキッチンが約1000か所あります。従業員は、朝、昼、晩と間食も無料で取ることが可能です。この社員レストランは単純な福利厚生として提供しているものではなく、従業員間のコミュニケーションを取らせる仕組みと従業員の健康経営という戦略的な構想のもと作られているのです。

 

健康管理

Google社の食へのこだわりには栄養価の高い食事を提供するだけにとどまらず、創業者の「全従業員の寿命を2歳伸ばす」と言うメッセージが込められています。例えば、食べ過ぎ防止のため、お皿は通常のビュッフェよりも小さな10インチが採用されています。食べ物が並べられているレーンでは、まず始めに野菜が目に入りやすい位置にあります。一方で脂質の高めな肉や魚はたどり着くまでに時間がかかるように配置がされています。また、健康的なスナックは手に取りやすいところに、ジャンクなお菓子は奥の取りにくい場所に配置し、自然と健康的な食べ物をお皿に並べる仕組みになっています。

 

コミュニケーション

もともと、社員レストランは健康のためではなく、従業員同士が食事をとりながらフランクな会話をする中で新しいアイデアを生む場として創業当初は考えられていました。現在の社員レストランはより合理的にコミュニケーションが生まれやすくするため、ブッフェの前に従業員が1列に並ぶように料理が配置されています。食事を選びながら前後に並んでいる人と気軽に会話をし、部署や業務の隔たりがないコミュニケーションを取れるように作られています。

 

行動心理学に基づいたオフィス空間づくり

Google社は人間の行動理論や研究結果をオフィス環境へ積極的に取り入れ、試行錯誤しながらオフィス空間作りを行っています。健康的な食事を取ることや、従業員間の交流を図るという目的に即した行動を意図せず自然と行えるように仕組み化しているのです。

 

» 【2021年最新】今後求められるオフィスのレイアウト例6選

 

Googleのオフィスデザインとは?そのコンセプトや工夫を解説【まとめ】

Google社がここまでして従業員に快適なオフィス環境を提供しているのは、オフィス環境が従業員の生産性に大きな影響を与えるということを知っているからです。Google米国本社の就職の倍率がハーバード大学の入学受験以上で、Google社に採用された人物は「エリート」と言われます。その「エリート」集団が、Google社のオフィス環境で最大限に能力を引き出され、その能力で作り上げたプロダクトが世界を変えてしまうほどのビッグビジネスをもたらすことは容易に想像できるでしょう。オフィス環境は従業員に影響を与えます。Google社の提供するオフィスのエッセンスを少しでも取り入れて、オフィスで働く従業員のパフォーマンスをぜひ引き出してあげてください。

 

 

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒124-0012 東京都葛飾区立石7-3-1 SHIMADA BLDG 3F
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました