店舗内装工事業者の選び方と業者選びに大切な3つのポイント

店舗内装工事をどのような業者に依頼するとベストか知っていますか。また業者を選ぶときに重要視する部分をご存知でしょうか。この記事では工事業者の選び方について詳しく解説しています。内装工事を理解して自分の理想の工事ができるよう、またデザインと費用の考え方もご紹介致します。

 

店舗内装工事とは

店舗内装工事とは

店舗内装工事とは店舗の開業や移転をする際にお店のデザインや設備の機能面に大きく影響する内装工事です。工事には色々な種類があります。例えば、飲食店なら厨房のデザインよりも機能面を重視したり、お客様の座席にはデザインを追求したりとインテリアにより店舗のイメージが大きく変わってくるのが店舗内装工事です。では工事に関しては大きく分けて3つ説明していきます。

 

水廻り工事

まずは水廻り工事です。飲食店では調理スペースなどは、こだわりが大事な工事になります。飲食関連の店舗で重要視する水廻り工事はキッチン・トイレです。まずキッチンはデザイン性も大事ですが、機能面であるシンクの広さなども考えて工事しましょう。なぜなら飲食店の厨房機器は見た目を重視するよりは使いやすい方が作業効率も上がるからです。次にトイレです。トイレは店舗の工事では大事なポイントの一つです。なぜならトイレはそのお店の心といわれるからです。ですからトイレはお店で一番力を入れて工事する経営者が多いです。ただ性能の良いタンクレストイレを設置するだけではなく、トイレの内装にはこだわりをもって工事を依頼すること筆者はよくおすすめします。

 

電気工事

近年、店舗内装工事で重視されることが多いのは電気工事です。店舗内装での電気工事はデザインをより良く見せるようにスポットライトを設置する場合や、カウンターを強調して光らせるダウンライトの設置工事、また店舗内装には必須配線の位置を決める工事もあります。また配線の位置を決めるだけでなく配線を見えなくする工事も電気工事です。例えば、レジが映る場所の監視カメラの設置も電気工事にあたります。電気工事はデザインの見栄えを良くする工事であり、店舗内装のデザインを作る上での基礎ともなる工事です。工事をする際は電気工事もデザインの一環として考えていきましょう。

 

内装仕上げ工事

内装仕上げ工事とは、店舗の印象が決まる工事です。また店舗内装工事では店舗のデザインの大半が仕上げ工事で定まります。理由は、壁や天井・床のデザインを自由に表現することが出来る工事だからです。また仕上げ工事にはクロス工事や左官工事・塗装工事などがあります。すべての仕上げ方次第で見た目や効果が変わっていきます。なお、効果とは具体的に言うとクロスには消臭効果のあるものがあったり、左官には防水効果があったり、と施工の仕方で色々な効果が期待で切ることを指します。また仕上げ工事は壁や床を装飾する工事なので、インテリアのイメージを大幅に変えることが出来ます。ですから店舗の内装工事では一番こだわる必要がある工事と言えます。店舗のデザインを定めることが出来る工事のため、完成後の空間を依頼する前からイメージしておく必要があります。

 

店舗内装工事の流れ

店舗内装工事の流れについて、まず工事業者は知人の紹介・webなどで調べて連絡します。その際はしっかり相見積もりを取るため3社以上に連絡して現地調査に来てもらいます。そこからデザインや工事期間の打ち合わせをします。その後は見積もりを持ってきてもらい一番自分の理想に近づけてくれそうな工事業者と契約して工事開始となります。ここからは3社以上の業者に依頼して相見積もりを取る理由について説明致します。なぜ相見積もりを取る必要があるのか。その理由は1社で判断するよりも他社との違いを見比べることが出来ることで消去法などを使いスムーズに業者選ぶことが出来き自分の理想とするデザイン・予算・工事期間などに近づけてくれる業者を見つけることが出来るのです。なので、必ず3社以上の見積もりを取り信頼の出来る工事業者に依頼することをおすすめします。では、失敗しない為に工事業者を選ぶときの3つのポイントを解説していきます。

 

業者選びに大切な3つのポイント

デザインのクオリティ

業者によってはデザインを専門としている業者もいますが、一方でデザイン設計から施工まで行う業者もいます。また設計から施工までを自社で請け負っている業者よりもデザインを専門としている業者のほうがデザインに対して専門の知識があり提案力がある為、デザインのクオリティは高い場合があります。まずは自分がどこに力を入れて店舗内装をするかをしっかりと決めておきましょう。工事の金額が安くクオリティが低い場合は、予算が少し高くても他の業者に依頼する方が自分の思い通りのデザインに近づくはずです。なので、デザインを重視する場合は見積もりやプランをしっかり見て自分のイメージに近い業者を選びましょう。例えば、カフェやバーでは落ち着いた空間を出すためクロスで壁を仕上げるだけでなく、少し予算を上げてタイル調のエコカラットを壁に使用する事例や、寿司屋では高級な木材を使用するなどの事例もあります。

 

» 店舗内装工事の依頼時に確認すべき費用と4つのポイントとは?

 

予算の設定

工事を依頼するときは予算をある程度決めておきましょう。なぜなら予算を決めておくことで、その予算に合わせた工事のプランを工事業者が提示してくれるからです。予算を決めていないと相見積もりをとっても3社ともバラバラな金額で比べることが難しくなります。例えば、予算を100万円で工事したいと伝えて業者に見積もりを用意してもらいます。するとA社は内装の材料が一般的なもので工事金額は95万円でしたが、B社は内装の材料が高級なもので工事金額は100万でした。そしてC社は内装の材料が一般的なもので工事金額は105万円でした。ですがC社は工事にかかる期間がA社とB社よりも1週間短い期間で工事が完成する見積もりです。予算を伝えて見積もり金額をある程度合わせることで、どの業者に工事の依頼をすれば自分の理想に近いのかを、わかりやすくすることが出来ます。なので、工事を依頼する場合は、まず工事の予算をある程度の金額に設定しておくことがポイントです。しかし予算があまりにも少ない場合は、それに合わせた工事内容と工事に使われる材料のグレードに影響しますので、ある程度多めの予算を頭に入れた上で予算設定をしていきましょう。

 

» 店舗移転費用を抑えたい時に整理しておきたいポイントを解説

 

工事期間

工事期間を重視する場合とは、例えば『どうしても○月までには店舗をオープンしたい』や『一日でも早くオープンしたい』などの場合です。工事にかかる期間の基準は、店舗の規模によりますがスケルトン物件であれば、約1ヶ月程度が工事完了までにかかる期間の基準となります。工事期間を短縮したい場合は工事完了までの期間を基に依頼する施工業者を選ぶ必要があります。ですがデザイン性や予算が理想とかけ離れる場合は工事業者を再検討しましょう。なので、自分がどこを重視して依頼するのかを考えて業者を選びましょう。この3つのポイントを意識して業者を選べば理想に近い工事を実現してくれるでしょう。

 

店舗内装工事の費用相場とは

店舗内装工事の費用相場について、居抜き物件とスケルトン物件の費用相場を下記の表に記載しております。

 

居抜き物件 1坪あたり約30万円
スケルトン物件 1坪あたり約60万円

 

まず居抜き物件とスケルトン物件の違いについて説明致します。居抜き物件とは過去に入っていた店舗の内装や厨房・空調などの設備が残ったままになっている物件のことです。このように前テナントの内装がある程度再利用できる状態なら費用は抑えることが出来ます。また壁紙が貼っている状態でも壁紙の貼り替え作業は出来ますので、ある程度のデザインは自分の好きなように出来ます。しかし設備器具などの配置が決まっている為、自由度の高い設計は出来なくなっています。続いてスケルトン物件とは、店舗の内装設備がない状態のことです。この場合は工事を最初から実施する必要があり、工事の費用や工事の期間が居抜き物件に比べると長くなります。ですが居抜き物件よりは自由度の高いデザインや設計をすることができるので、自分の理想とする店舗にすることは比較的容易になります。業者選びに大切な3つのポイントと同じで居抜き物件とスケルトン物件の選び方も「デザイン性・費用・工事期間」でどこを重視して工事をするかで選び方が変わってきます。この3つを意識して物件選びをしましょう。では、次に店舗内装工事の費用相場について説明していきます。

 

店舗ごとの内装工事の費用相場

飲食店

飲食店の新装工事と改装工事の費用相場を紹介しましたが、例外もあります。例外とは、焼き肉屋でダクト工事に費用が掛かる場合や、和食店や寿司屋で高級な木材などを使用して工事する場合は、坪単価50万円を超える場合もあります。ですが一般的にカフェやバー・居酒屋・ラーメン屋などの場合は大型の厨房器具が必要のないため坪単価30万円前後で工事出来る場合が多いです。

 

新装工事 1坪あたり約30〜50万円
改装工事 1坪あたり約15〜30万円

 

» カフェの内装工事費用の相場はどのくらい?費用を抑える方法とは?

 

美容室・ヘアサロン

美容室・ヘアサロンの新装工事と改装工事の費用相場を紹介しましたが、美容室・ヘアサロンでの内装工事にはシャンプー台や水廻りの配管工事、ドライヤーやパーマ機などの電気系統の配線工事費用がかかります。また、使用する什器や造作家具で工事金額が左右します。よくある事例として、美容室で高級感を出す為に壁はガラス貼り、床は人工大理石で仕上げる工事を選択すると、坪単価100万円を超えることがあります。なので、美容室の内装工事をする場合はあらかじめ工事に掛かる金額を把握しデザインを考えていきましょう。

 

新装工事 1坪あたり約30〜40万円
改装工事 1坪あたり約15〜30万円

 

» 【タイプ別】美容室の内装工事の費用相場は?安くするコツも紹介

 

病院・クリニック

病院・クリニックの費用相場を紹介しましたが、病院やクリニックとは違い歯科医院の場合は電気工事や設備工事が多くなる為、坪単価が50万円以上も掛かる場合があります。ですが内科や眼科などで大掛かりな設備工事が複数ない場合は上記の金額で収まる場合が多いです。また接骨院や整体院ではオフィス等と同様の工事になる為、通常のクリニックよりも費用が安く済みます。

 

新装工事 1坪あたり約20〜30万円
改装工事 1坪あたり約10〜15万円

 

» スポーツジムの内装工事の相場は?費用を抑えるポイントもご紹介!

 

オフィス・事務所

オフィス・事務所の新装工事と改装工事の費用相場を紹介しましたが、オフィスや事務所に関しては、飲食店や美容室などと違い設備工事に大きな金額が掛からない場合が多い為、上記の金額に収まることが多いです。ですがデスク周りの配線関係で電気工事の金額が左右する場合もあります。

 

新装工事 1坪あたり約10〜20万円
改装工事 1坪あたり約5〜10万円

 

店舗ごとの内装工事の費用相場を頭にいれて工事のプランニングや予算を設定するのをおすすめします。

 

» オフィスボールにオフィス内装工事を依頼するメリット

 

店舗内装工事業者の選び方と業者選びに大切な3つのポイント【まとめ】

この記事を読んで店舗の印象を大きく変える内装工事の重要性が理解できましたでしょうか。また工事業者の選び方をしっかり頭に入れて失敗しない店舗内装工事をしましょう。そして、自分のイメージした店舗でお店をスタートするために必要な情報をしっかり理解して、理想の店舗を実現してください。

 

 

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒124-0012 東京都葛飾区立石7-3-1 SHIMADA BLDG 3F
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました