内装工事用の塗料の種類と見分け方

内装工事で壁を塗装することに決めた場合、どんな塗料を使用するかという点を考える必要があります。
内装用塗料には幾つか種類があるため、それぞれの特徴を把握したうえでどれが最適かを見分けなければなりません。
ここでは、塗料の種類と、それぞれの使用に適している部屋に関してご説明します。

水性塗料

内装工事で最も頻繁に使用されるのが水性塗料です。
水性塗料は油性塗料と比べると臭いが少なく、人体への影響もほぼない安全性の高い素材です。
そのため、DIY用としてホームセンターなどでも数多く販売されています。
ホルムアルデヒドの発散量が極めて少ない「F★★★★(エフ・フォースター)」のマークが表示されている商品も見つけることができます。
また、「アクリルエマルションペイント(AEP)」も人気の高い水性塗料です。
アクリルエマルションペイントはほぼ無臭で人体に影響を与える添加物も殆ど配合されておらず、しかも色付けが簡単という特徴があります。

漆喰・珪藻土

自然素材の漆喰や珪藻土は化学物質不使用なので極めて安全性の高い塗料です。
また、吸湿・消臭性にも富んでいるため、赤ちゃんの部屋や寝室などにも使用できます。
さらに、落ち着いた温かみのある独特の質感なので、お洒落なお店を演出したい場合にも向いています。
ただし、どうしても費用が高くなるというデメリットがあります。
また、安価なものは偽物の可能性がありますから、信頼できる業者に依頼する必要があるでしょう。

オイルステイン

「ステイン」とは「浸透性」を意味する表現です。
それで、オイルステインとは、木材にしみ込んで着色する油性塗料のことを指します。
通常の塗料は木材に塗ると表面に膜を作り木目を隠してしまいます。
一方、オイルステインは木目を浮かせてくれるので木材独特の温かみを残すことが可能です。
オイルステインにはニス入りとニスなしの2種類があります。
ニス入りタイプは1回で完成させなければならないため、技術を持った職人にお願いしなければなりません。
一方、ニスなしタイプは塗装後、木を保護するために上からニスを重ね塗りする必要があります。
オイルステインの他に水性ステインもあります。
内装工事においては臭いの少ない水性を選ぶことも可能です。

まとめ

内装工事に使用される塗料の代表的なものは上記の3つです。
ただし、壁を黒板にできる塗料やホワイトボードにできる塗料、マグネット版にできる塗料などもあるので、遊び心いっぱいのインテリアにしたい場合にはお勧めです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました