内装工事の基礎知識

新たに店舗やオフィスを設置し営業する際に必要になるのが、テナントの内装工事です。
失敗のない内装工事を行うために、基礎知識を取り入れておきましょう。

内装工事とは

そもそも内装工事とは、既存の建物の内部だけを用途・目的に合わせて改装する工事のことです。
ですから、建物自体をゼロから作り上げる工事とは別物です。
建物を建てる場合は「建築工事」と言います。また、既存の建物の外壁や屋根などを改築することを「外装工事」と言います。
従って、テナントビルの1室などを借りて店舗やオフィスに仕上げる場合には、「内装工事」となるわけです。
勿論、店舗やオフィス以外にも、住宅をリフォームしたりリノベーションしたりすることも「内装工事」の一種と言えます。

内装工事には天井や床、壁などの表層部の工事の他に、照明やエアコン、給排気ファンといった電気関係の設備とその配線、厨房設備、水道設備などの設置も含まれます。
また、テーブルやショーケースなどのインテリアの設置まで含まれる場合もあります。
これらすべてを必要とする内装工事の場合、電気の配線は電気会社に、ガスの配管はガス会社に、と別個に依頼するのではなく、まとめて内装工事業者に任せることになります。

内装工事に関係する業者とは

内装工事には、内装のデザインやレイアウトを考案し図面に落とし込んでいく「デザイン設計会社」と、それを施工職人たちの手によって実際に形にしていく「専門業者」とが関係してきます。
加えて、工事現場で作業する様々な専門業者を手配したりスケジュール通りに工事が進んでいるかどうかを確認したりする、いわば現場監督のような「施工管理会社」が元請けとして関わってきます。
「デザイン設計会社と専門業者だけで十分ではないか」と思う人もいるでしょう。
とはいえ、施工管理会社は資材の入手経路や優秀な専門業者を豊富に抱えており、素人では難しい現場の管理能力にも長けていることから、内装工事にあたっては不可欠な存在と言えるでしょう。
内装工事にあたって、これらの業者を別個に探して依頼することも可能とは言え、特にこだわりがないのであれば、これらの仕事を一括して行う施工業者に依頼する方が無難です。

まとめ

内装工事は、新たな店舗やオフィスをスタートさせるために欠かせない分野であり、より魅力的な店舗や快適なオフィスになるかどうかはこの工事に大きく依存しています。
失敗のない内装工事を目指すなら、それに含まれる作業内容や、どんな業者が関わってくるのかを把握しておく必要があるでしょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました