事務所の床リフォームをスムーズにするために

皆さんは、事務所の床をリフォームしたことはありますか?
本記事では、事務所の床リフォームをスムーズにするための方法について詳しく解説していきます。

事務所の床は定期的にリフォームが必要になる

事務所は毎日たくさんの人が出入りするため、様々な箇所で一般住宅よりも摩耗が早く進みます。
中でも、床は土足で歩くということもあり、建物において頻繁にメンテナンスが求められる場所の1つです。
状況によっては、全体の交換を含めたリフォームが必要となることもあります。
また、床は人の視線がいつも行くところで、大きな面積を占める部分でもあるため、事務所の雰囲気を変えたい時には、床をリフォームすると大きな効果が期待できます。

多くの事務所や事業所はLAN配線を構築しており、配線の交換や調整、追加などが頻繁に行われます。
そうしたタイミングを利用して、床材を交換したり色を変えたりして、リフォームをするというのも実際的な方法でしょう。
職場環境を改善するにあたり、床のリフォームをするというのはとても良い選択肢なのです。

事務所の床リフォームの流れ

多くの事務所では、コンクリートの床部分に上からフロアカーペットを貼っています。
この施工方法はタイルを貼るよりもコストがかなり安く、メンテナンスや交換が基本不要というメリットがあります。
フロアカーペットはタイル状のものが多く、それほど粘着力の強くない接着剤で貼られています。
リフォームをしようと思う場合、まず床上のデスクや備品を別の場所へ動かした後、フロアカーペットを専用の機械で剥がしていきます。
その後、接着材を塗布しながら、新しいタイルカーペットを貼ります。
入り組んでいるところや壁際はカーペットをカットする必要があるものの、精密な作業が求められるのでプロへ依頼すると安心でしょう。

床のリフォームは、施工前にオフィス家具などをすべて動かす必要があります。
そのため、一度に工事を終了させないと社内の業務に差し障りが出てしまうでしょう。
ですから、工事計画をしっかりと立て、デスクや備品をどこへ移動するかといった手順も作っておくべきです。
広さにもよるものの、業務スペースだけであれば1日から2日で終わりますので、土日のタイミングに工事してもらうのがベストでしょう。
そうすることで業務をストップすることなくリフォームが完成します。

まとめ

事務所の床は、他の場所に比べて頻繁にメンテナンスが必要です。
職場の雰囲気を変えることにも役立ちますので、デザインも含めてリフォーム計画を立ててみると良いでしょう。
業務に支障をきたさないように床のリフォームをするには、綿密な計画と社員の協力が必要です。
じっくりとプランを立てて、みんなが気分を一新できるような効果的なリフォームをしましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました