FF&Eとは?その工事区分には注意が必要

皆さんはFF&Eをご存知でしょうか?
本記事では、FF&Eやその工事区分について詳しく解説していきます。

FF&Eとは?

FF&Eとは「Funitura Fixture&Equipment」の略で、家具や据え付け設備、そして什器のことを指します。
元々はホテルの備品のことを指す用語として使われていますが、テナント事業の中でも用いられるようになっています。
特に飲食店やサロン系のテナントを提供する物件で見られます。
具体的には、カウンターなどの固定の家具や大型のキッチン設備、そしてイスやテーブルなどの家具のことを指します。

こうしたFF&Eは、それぞれの物件で取り扱いが大きく異なります。
物件によっては、全く箱だけの状態で貸し出すことも多く、ほとんどすべてのFF&Eは借主側が用意することになります。
一方で、カウンターや大型の調理設備などは、据え付けで元々付いていることもあります。
この場合は、装飾用の内装工事や移動できる家具だけを借主が準備します。
さらに、居抜きのようにほとんどの設備や家具も元々付いているというケースもあります。

FF&Eの工事区分は複雑になりがち

このように、FF&Eは物件によって、どれが不動産オーナーの物なのか、借主が入居時に追加したものなのかが分かりづらくなりがちです。
そのため、同じテナント内にある設備や家具でも、工事区分がバラバラになってしまうことが多いのです。
営業をしている間には問題となりませんが、退去する時に誰が責任を負って原状回復をするかを考える時に、トラブルが生じやすいので注意しましょう。

基本的に、入居時に元々設置されていたFF&Eは不動産オーナーの持ち物ですので、退去時の原状回復工事はB工事となります。
そのため、費用負担は借主がしないといけません。
しかも、工事をする業者は自分で選べませんので、費用が割高となることが多いです。
また、自分たちが持ち込んだと思っていたものが、実は不動産オーナーのものだったという誤解も起きがちです。

こうしたトラブルを避けるためにも、入居時にFF&Eのうち、どの備品がオーナーのもので、どれが借主によって持ち込まれたものかをはっきりと文書にしておくべきです。
また、退去時の工事区分も確認しておきましょう。

まとめ

FF&Eは、箱のみで入居した場合以外は、物件オーナーのものと借主のものが入り乱れることが多いため、トラブルになりやすいです。
入居時の物件そのものと契約書での工事区分をしっかりと確認することが大事です。
後からトラブルにならないように、初めの段階で工事区分と所有権を明記しておきましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました