b工事のコストは高め。費用を削減するためにできること

店舗やオフィスなどの引っ越しの際には、原状回復工事が必要になってきます。
その際にb工事の見積もり金額が高いなんてことはよくあることです。
そこで本記事では、b工事が高い場合に、費用を削減する方法について詳しく解説していきたいと思います。

b工事はコストが高くなる傾向にある

テナントやオフィスの原状回復工事では、工事業者の選定を借主がすることができず、オーナーが定めた業者に依頼するしかない場合があります。
これをb工事と呼びますが、他のタイプの工事と比べるとコストが高くなる傾向があります。
というのも、工事業者があらかじめ決められていますので、競争が生じず言い値での発注をするしかないからです。
場合によっては、相場の数割増しから倍額となることさえあります。
そのため、いかにしてコストを削減するかを考えるのは、無駄な出費を抑えるために欠かせなせん。

コンサルティング会社に依頼して間に入ってもらう

こうした工事についての知識や経験があれば、自分で業者と交渉してコスト削減を図ることができます。
しかし、工事の内訳がよく理解できず、それぞれの内訳における費用が妥当であるか判断できないことも多いものです。
こうした状況では、コスト削減のための交渉は難しいものがあります。
このようなケースでは、コンサルティング会社に依頼するという手もあります。

コンサルティング内容としては、提示された工事費が妥当であるかのチェックを行い、削減できる部分を指摘します。
また、必要に応じて工事業者との交渉に同席したり、交渉そのものを代行したりします。

ポイントを押さえて自分で交渉する

ある程度建設関連の知識や経験があれば、自分で交渉することも可能です。
そのためには、まず工事の内訳とそれぞれの料金を明確にしてもらうことから始めます。
最初は、その額に納得できないなどは言わずに、単に内訳が知りたいと伝えて文書にしてもらう方が無難でしょう。
その後、それぞれの工事内容ごとに額をチェックしていきます。
全体的に工事料金が割高のこともありますし、特定の分野において料金が上乗せされていることもあります。
その辺りを見分けて、相場との乖離を確認します。
これを材料として交渉に臨むことができます。
場合によっては、同様の工事を手掛ける他の会社に見積もりを出してもらって、比較するというのもありです。
交渉では、テナントのオーナーや担当者も同席してもらって、話し合いの内容を確認してもらうと良いでしょう。

まとめ

b工事の場合は、業者同士の競争がないため、どうしてもコストが高くなる傾向にあります。
妥当な料金ではないと感じるなら、削減してもらうように交渉をしましょう。
ノウハウのあるコンサルティング会社に依頼する、自分で交渉する場合もしっかりと相場の確認をしてからするなど、準備をきちんとすることが大事です。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました