本社移転の目的とメリットとは?

皆さんは、本社を移転する目的とメリットについてご存知でしょうか?
本記事では、本社移転の目的とメリットについて詳しく解説していきます。

本社を移転する目的は多種多様

本社を現在の場所から別の場所へ移転するということは、企業によって目的は多種多様です。
例えば、これまでは本社機能とは別のロケーションに、支社や工場を設置していた企業にとっては、本社を移転して工場や支店と統合することによって、仕事の効率化や機能の集約化などのメリットが期待できます。
本社とは別に、あちこちに支店を展開することで得られるメリットは多いのですが、かかる設備投資費なども多くなってしまいます。
しかし本社移転で支社や工場と統合することによって、そうした設備投資費を削減することにつながり、企業にとっては財務上のメリットも期待できます。

設備投資費だけではなく、光熱費やメンテナンス費といったランニングコストの削減ができますし、これまではすべての支社や工場に配置していた機能を一つに集約することができます。
それによって、人件費の削減にもつながるでしょう。

本社はどこに置くべきか?

企業が本社や支店を展開する際には、官公庁や取引先とコミュニケーションの取りやすい都市部に本社を構え、地価がリーズナブルな地方に工場を展開するというパターンが一般的です。
しかし近年では物理的な距離が遠くてもネットを使ってコミュニケーションをリアルタイムに取ることができますし、場合によっては従業員がテレワークをする事も可能です。
そのため、企業によっては地価が高い都市部にあえて本社機能を維持する必要がなくなったわけです。

ただし、企業によっては本社を移転することによってデメリットが発生することもあります。
例えば、地域密着型の企業だと、工場がある遠方へ移転してしまうと、その地域に密着した企業という特色が薄れてしまうかもしれません。
また、取引先との密接な関係が強みだった企業にとっては、移転することによってそうした関係にも影響が出るかもしれません。

本社を別の場所に移転する際には、移転することによって企業にどのようなメリットが得られるのか、また移転によってどのようなデメリットがあるのかをよく考えた上で、具体的に細かい部分までシミュレーションをした上で決定することが必要です。

まとめ

本社移転をする際には、企業によって得られるメリットと影響のあるデメリットは多種多様です。
設備投資費や光熱費、人件費を節約するとともに、機能を集約することで得られるメリットを踏まえながら、地域や取引先との関係性なども考慮しながら慎重に移転するかどうかを決めましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました