働きやすい法律事務所のレイアウトのポイントは?

皆さんは、法律事務所のレイアウトにどのようなものがあるのかご存知でしょうか?
本記事では、働きやすい法律事務所のレイアウトのポイントについて詳しく解説していきます。

法律事務所のオフィスレイアウトの特徴

オフィスレイアウトは、業種や職種によって独自のスタイルがあります。
その中でも、特に法律事務所は他業種とは異なる性質を持っていますから、レイアウトにも工夫が必要です。

法律事務所の際立った特徴は、「プライバシーの確保が非常に重要である」ということです。
事務所を訪れた相談者が気兼ねなく相談できるようにするためには、周囲の人に会話の内容が聞こえてないという安心感が必要です。
そのため、弁護士もしくは担当者と相談者だけになれる空間、そして周りから聞かれたり見られたりしていないという確信を与える工夫が求められます。

セキュリティーについても考慮する必要があります。
依頼者に関する個人的な情報を扱うことが多いので、来訪者から書類やPC画面を見られないレイアウトにしなければいけません。
また、弁護士とサポートスタッフの担当する業務内容が大きく異なるというのも特徴です。
そのため、弁護士には個室を割り当てたり、広めのデスクスペースを付与したりします。
一般企業と比較して、上司と部下のオフィスに関する違いが出やすいという点も理解しておくことが大事です。

働きやすい法律事務所のレイアウト

上記のような特徴を押さえておくと、働きやすい法律事務所のオフィス作りをしていくことができます。
1つ目のポイントは「相談ルームや会議室を重視したレイアウト」です。
周りから独立した形で、しっかりと壁を立てたり高いパーテーションを置いたりします。
その上で、従業員のデスク周りを充実させることが大事です。
というのも、法律事務所では取り扱う書類の量が非常に多いため、一人一人のスペースが十分にないと働きづらくなってしまうのです。
弁護士のためのスペースとしては、個室を設けるところもありますし、オープンタイプとすることもあります。
レイアウトによっては事務所の雰囲気が変わりますので、事務所の方針によって決めるとよいでしょう。
さらに、休憩できるスペースも作ると、職場環境が向上します。
窓際で明るいところをリフレッシュスペースとして設けると、福利厚生の面でも有効です。

まとめ

法律事務所は、そのユニークな職務ゆえに他の業種と異なる特徴を持っており、それはオフィスレイアウトにも反映されることになります。
顧客のプライバシーとセキュリティーを確保できる環境、そして個々の従業員が働きやすいデスク周りを作ることが大事です。
事務所としてのビジネススタイルも反映されるので、じっくりと検討して働きやすい職場とするようにしましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました