オフィスの移転で押さえておきたいオフィスインフラには何がある?

皆さんはオフィスインフラに何があるかご存知でしょうか?
本記事では、オフィスの移転で押さえておきたいオフィスインフラについて詳しく解説していきます。

オフィスインフラは大きく分けて5ジャンル

オフィスの移転をする際には、従業員にとってすぐに働ける環境を作ることが、スムーズな移転業務には必要不可欠です。
そのために必要なのが、オフィスインフラの整備ではないでしょうか。
オフィスインフラにはいろいろなものがありますが、大きく分けると、電気設備、ガスや水道の設備、冷暖房などの空調システム、ネットワーク環境、そして電話回線と5つに分類できます。

こうしたオフィスインフラは、移転先のオフィスで業務をスタートする前に整備しておくことが必要です。
また、インフラの内容によっては業者による工事が一日では終了しないこともありますから、日数には余裕を持った対応をしたいものです。

B工事が必要になる可能性があるオフィスインフラもある

オフィスインフラの中でも、電気設備やガス、水道、空調システムなどは、工事が必要な場合には、工事の区画はオフィススペースを契約している入居者の区画となりますが、工事によって建物全体に影響が出る可能性が考えられます。
そのため、オフィスインフラの中でもこれらの工事はB工事扱いとなっていて、工事を行う際には建物の所有者が指定する業者を利用しなければいけません。
そのため、費用面が割高になってしまう可能性があるので、あらかじめ理解しておきましょう。
ちなみに、オフィスの内装などはC工事になるので、企業が自分たちで信頼できる業者を見つけて依頼できます。

基本的に、オフィスインフラはスペースを契約する時点で実質的に利用ができる状態となっているものです。
しかし、企業によっては入居後のレイアウトに合わせて電気設備が必要だったり、コンセントの数が少なかったり、部屋のレイアウトに合わせた照明の設置などが必要となります。
こうした場合には、移転先のオフィスを契約後、速やかに工事を始めることをおすすめします。

ネットワーク環境と電話回線の手続きは難しくない

インターネット回線と電話回線の移転に関しては、自分たちで行う作業という点では多くはありません。
基本的に回線業者やプロバイダと契約していれば、移転に伴う手続きに対応してもらうことができますし、新規に別の業者と契約する場合でも、手続きはそれほど難しくはありません。
しかし、社内のネットワーク環境の整備の作業は、オフィスのレイアウトが必要になるほか、構築作業が必要となるため、インターネット回線と電話回線の工事日を調整しながら、できるだけダウンタイムが発生しない方法で調整したいものです。

まとめ

オフィスを移転する際には、電機や水道、ガス、空調などのインフラ整備に加え、電話回線やインターネット回線のインフラ整備も必要となります。
時間に余裕をもって対応しましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました