オフィスの原状回復工事を安くおこなうなら

オフィスや事務所を移転するときに、必ず行う必要がある「原状回復工事」です。
この原状回復工事の見積書に高額な金額の記載があっておどろいた、という依頼者は少なくないのではないでしょうか。このように、原状回復工事費が思っていた以上に高額だと感じる人は少なくはないのです。
では、安い業者を探せばいいのですが、安く工事を行ってくれる業者が見つかったとしても、本当にきちんと工事をしてくれるのかという不安につながることもあります。
例えば、コストを抑えようと質の悪い材料を使われたり、人件費を抑えようと少人数で工事をし、工事予定期間内を大幅に過ぎてしまったりと、そのようなことがないとも限りません。
そこで、原状回復工事費を安くするためのポイントとして、ビル管理会社側とのいくつかのやり取りが必要になってくることがあります。

安いと思える原状回復工事費にするには?

はじめにあげられるのは、「業者の選定」です。
まずは安く工事費を見積もってくれるから良い業者とは限らないということを頭の隅に置いておきましょう。
ビル管理会社との契約内容にもよりますが、指定された工事業者に依頼することを契約書に規定していることがあります。
これによって、もしかしたら高額な見積もりを出してくるような業者にあたってしまうかもしれません。
しかし、契約内容がどうであれ、まずは複数の業者に見積もりを取ってもらうことをおすすめします。
もし契約にはない工事が入っていたら、ビル管理会社側も工事内容から外してくれる可能性もあります。
例えば、ビルの共有スペースであるエレベーターやトイレ、ビルの玄関など、その部分を直す必要はないのです。時々、見積書に必要ではない工事費が入っている場合があるので、きちんとチェックすることをおすすめします。
そして、内装工事では、「新品に交換する必要性があるのか」というところがポイントになります。
「原状回復」というのは、オフィスや事務所に入居したときの状態に戻すことです。
ですので、入居したときにすでに壁や床などの内装が汚れていたら、それを新品に直す必要はないということです。
もし、業者からの見積書にこのようなものが組み込まれていたら、ビル管理会社と話し合い、見積書から除いてもらいましょう。
また、内装では、床やカーペット、クロスのクリーニングなど、内装工事をしなくてもクリーニング対応のみで原状回復可能なこともあります。
その場合は当然ながら通常の原状回復工事費より大幅に工事費が安くなります。
あまり長期間オフィスや事務所を使用していなかったり、見た目では汚れや損傷などが分かりにくい場合は、クリーニングをするだけで原状回復工事がほぼ終了することも多いのです。
そして最近では「クロスメイク」という手法が役に立っているようです。
これは、壁紙などの表面の傷や穴を修復してから塗料を使って、新品と同じぐらいまで回復させるものです。
これは壁紙自体を取り換えるのではないので、タッチアップをすることで原状回復工事費が安くなり、工事の期間が短くなるというメリットもあるのです。
そして原状回復工事費を安くしようと、安い壁紙に張り替えるよりも良い効果が出ること間違いなしです。

最後に

オフィスや事務所の原状回復工事は、住居中にオフィスの内装をどのくらい変えたかや業者から提示される価格ごとに金額が異なってきます。
まずは一般的な原状回復工事費の相場を確かめ、そして業者から相場に見合った金額を提示されているのかをきちんと調べ、自分の納得のいくような原状回復工事費になっているかが、原状回復工事を安くおこなう大きなポイントなのです。多くの場合は、初めの見積書より安く原状回復工事が行われると言います。
そのようなことからも、見積書のチェックは必須なのです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました