移転をする際の最適な時期はいつ?

新規事業の拡大によって事務所の移転や、会社の方針によって綺麗なオフィスや広い事務所に引越しを決める時期というのは実に様々です。
ここでは事務所を移る時期とはどういう時なのかについて解説していきます。

オフィスの移転を考える時期について

会社によってオフィスの移転を考える時期や理由として様々な事情があります。
具体的な例を挙げると、採用を続けていたら社員が増えてきて一人当たりに与えている作業スペースが狭くなってきた、もしくは人員を整理したときに面積が余った、もっと立地のいい場所に事務所を構えたい、オフィスビルの管理体制などに不満があるなどです。
また、オフィスの破損や老朽化に伴って移転を検討することもあるようです。
これは会社、社員の安全を守るために、現在のオフィスより丈夫で安全性、耐震性が十分にある物件に移転したいなど、理由は様々です。

オフィス移転が多い時期とは?

移転について疑問に思うのは事務所移転の繁忙期はいつなのか、ということです。
移転を考えていても繁忙期であった場合、事前のスケジューリングが難しくなってきます。
一般的な引越しといえば3月が一番の繁忙期ですが、事務所移転の繁忙期は1年に2回程あり、1月から3月と、9月から12月です。
1月から3月に関しては、物件を扱う不動産が年末年始は休業のため、不動産の営業開始の年明けから繁忙期となり、さらに3月は会社の決算期となることから移転が多い理由になります。
また、9月から12月に関しては同じように10月に決算がある会社がある事と、年末前に移転を済ませておきたいという動向があることに起因します。
また意外にも5月も移転の多い時期で、これはゴールデンウィークという長期連休がある月のため、企業全体が休みの間にスムーズにオフィスの移転をしやすいという理由があります。
この計画は逆算して半年くらい前から実行しなければ間に合わなくなる可能性もありますので、予め前年度から組み込んでおく企業が多いようです。

まとめ

ここまでオフィス移転時期についてみてきました。
基本的にはオフィスの賃貸の契約は一般的で2年更新が多いです。
この数ヶ月前から一年前を目処に移転を検討し出す企業が多い傾向にあるようです。
しかしオフィスの移転は多大な労力が必要になることや時間が掛かることが多い上、ある程度の立地や面積を確保するためには会社の規模に合わせて余裕のある期間を設けて移転準備をするとよいでしょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました