移転した新オフィスで必要なこと

新しいオフィスを構えて、心機一転事業を開始するのはとてもワクワクします。
しかし、ビジネスで重要なことはオフィスの移転に留まらず、細かいところまで手順よくすべてを完璧にこなさなければなりません。
ここではオフィス移転に伴って必要になる、広報活動にして説明します。

新しい名刺を作る、取引先や顧客へコンタクトを取る

新しいオフィスの移転に伴って、新しい事務所の住所が記載された名刺が必要になります。
会社や個人、事業をアピールするのに欠かせないアイテムが名刺です。
名刺の作成方法として、自社で作成する場合と専門の業者に依頼する方法があります。
ここで迷うのが、時間やコストのことを考えた場合、どちらの方が得なのでしょうか。
メリットとして、自社で名刺を作成する場合、少しのコストで簡単に名刺を作ることができます。
イラストレーターやフォトショップなど社内にあるグラフィックソフトを使えば作成できますが、数百人規模での移転の場合、非常に時間が掛かってしまいます。
さらに、無料で入手可能なテンプレートを利用して名刺を作ろうとしても、初めての場合はソフトの使い方に慣れておらず、時間がかかってしまう場合があります。
さらに、名刺のレイアウント、デザイン、色や紙質に拘るとすれば、時間が多くかかります。
また、テンプレートを使用したデザインの場合、 名刺のデザインに個性を出すのが難しいことです。
さらに紙の質や色にこだわれないことなどが挙げられます。
取引先に名刺を渡した時に、手触りのよさから良い印象を残したり、いつまでも捨てられずに、保管してもらえるような名刺にしたい時は、自作よりもデザインや紙の種類の豊富な名刺専門の業者に依頼するのがいいかもしれません。

SNSやホームページを更新する

取引先、顧客には自社のホームページ上で移転を事前にお知らせし、通常では取引先やクライアントがオフィスにあまり来ないスタイルの事業でなくとも新しい事務所へ移転したことを知ってもらう必要があります。
メルマガを運営しているならメルマガでも移転をお知らせします。
ここまで一連の流れです。
ここまでオフィス移転での重要事項や、必要な手続きなどを解説してきましたがいかがだったでしょうか。
まとめとして、事務所を移転することは非常に大変なことですが、移転よって得られるものはとても大きいものなのでチャンスを逃さないように必ず成功させたいものです。

まとめ

新しいオフィス移転に伴って広報活動にも注目することが大事です。
新しい名刺やホームページでを駆使して新オフィスでの活動をアピールできます。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました