事務所移転の注意点

事務所移転が決まってから、実際にオフィスを移転する際に注意するべき項目とは何でしょうか。

事前にスケジュールをしっかりと組む

まず最初に行うことは移転の全体的なスケジューリングをすることから始まります。
現オフィスの解約手続きや新オフィスへの契約、その他引越し業者や内装業者などへの連絡をするなど多岐にわたります。
まずはオフィス物件を退去予告を行いますが、オフィスの面積によって退去予告の猶予が異なるために注意が必要です。
またこれと同時に新オフィスを探し、契約を済ませる必要があります。
ここで注意しておきたいのが、退去するオフィスと新しい移転先のオフィスの期間が重複しないように予定を組むことが重要です。
予定が間違えば余計な賃料が発生してしまうため、契約内容を事前に確認し、退去と移転をスムーズに行えるようにすることが大事でしょう。

時期を余分に見積もって新オフィスを探す

新しいオフィスを見つけて契約し、内装業者を見つけたら、次は各種手続きを行います。
主に手続きは移転の一ヶ月前から数ヶ月前に行い、官公庁や電気会社、インターネット回線業者や電話番号の登録手続きなどを済ませなくてはなりません。
また移転に伴う挨拶状や新しい住所の記載のある名刺の発行などの名義変更を行う必要があります。
公的な手続きと同時にスケジュールを組みながら並行します。
書類の作成には時間がかかりますので、許可を得ることができる予定を逆算して、余裕を持って行います。

オフィスの契約をして各種手続きを済ませる

新しいオフィスを見つけて契約し、内装業者を見つけたら、次は各種手続きを行います。
主に手続きは移転の一ヶ月前から数ヶ月前に行い、官公庁や電気会社、インターネット回線業者や電話番号の登録手続きなどを済ませなくてはなりません。
また移転に伴う挨拶状や新しい住所の記載のある名刺の発行などの名義変更を行う必要があります。
公的な手続きと同時にスケジュールを組みながら並行します。
書類の作成には時間がかかりますので、許可を得ることができる予定を逆算して、余裕を持って行います。

まとめ

事務所の移転を始めるにあたってたくさんの注意事項がありました。
オフィスの移転は会社の一大イベントですので、どんな企業にしたいのかを具体的にイメージし、着実に理想と近づけるようにしたいものです。
このため、解説したように一番大事なことは事前の入念なチェックとスケジューリングです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました