事務所移転のプロに頼んでみる

事務所の移転はたくさんの段階を踏んで実行しないとスムーズに事が運びません。
なのであらかじめ様々な事前チェックをしておかないと問題が発生してしまいます。
では事務所の移転のスムーズ行うためにはどうすればいいのでしょうか?

オフィス移転コンサルタントを活用してみる

事務所移転の時に役立つのがオフィスの移転コンサルタントです。
これは事務所の備品などをあらかじめ用意、手配してくれる業者のことを言います。
メリットとして自社で一つ一つ業者に備品を手配をして設置するよりも、トータルでコストが安く済みます。
また自分で備品を探す手間もはぶくこともできますし、事務所の雰囲気にあったレイアウトにしてくれる業者もあります。
さらに不要になったものも処分してくれるところもありますので、忙しい時期や何を用意したらいいのか判断がつかない時などに非常に便利です。
業者によっても費用は様々ですので、複数の業者を比較して自社に最適なところに頼みましょう。

様々なケースを想定してみる

事務所を移転するときには、用品を一式新しく買い揃える場合がありますが、ここで問題が発生するケースがあります。
オフィスの移転だけでも膨大な時間やコストがかかるため、新規事業所で使う備品や事務用品についてもコストダウンを徹底することが求める会社が多いのが事実です。
ここで、手早く格安で物を揃えられる方法としてインターネット上で注文するところが多いですが、問題はそれぞれの備品を一番安いインターネットのショップで別々に購入した際、お店によって配送方法や配送日時がバラバラになることもしばしばあり、新しいオフィスで荷物が届くのを待っていなくてはなりません。
さらに、注文の仕方を間違えたり、発注個数を誤ってしまう商品のキャンセルの対応や料金の払い戻しなど別の問題が発生してしまうため注意が必要です。
解決策として、備品の注文はあらかじめコストが掛かってしまっても、同じお店で注文方法や配送方法を統一するか、複数のお店で備品を調達しないことで対応します。
ここで、移転のプロであるオフィス移転コンサルタントというオフィス移転を手伝ってくれる業者に対応してもらうとスムーズに事が運ぶ場合があります。

まとめ

オフィスの移転に伴うトラブルを回避するためには、移転のプロに頼んでしまうのが一番手っ取り早く安全と言えます。
最初の段階でスケジュールを組むのに迷ったら移転コンサルタントに手を借りるのもいいでしょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました