事務所移転でよくあるトラブルとは?

オフィスを移転し心機一転したものの、スムーズに事が運ばないことがあるのも事務所移転時に起こる問題の一つです。
ここではオフィス移転時に発生しやすいトラブルについて解説します。

事務所移転時のインフラのトラブル

一番よくある移転時のトラブルの一つに、事務所を移して、事業を開始したのはいいものの、パソコンやエアコンなどの電気用品をつけるとブレーカーが落ちてしまうなどの問題が発生してしまうケースがよくあります。
またインターネット回線がスムーズに繋がらない、電話が鳴らないなど、インフラ設備が整わない状態で事業をスタートしなければならなくなったという問題が起こってしまうことがあります。
事前に業者とオフィス移転時、事業開始日に十分に間に合うように入念な話し合い進めておくことが重要です。
対策として、ネット回線や電話、その他のインフラ工事を一括提供する移転業者を選ぶことによって、移転時の事前確認と対策をしやすくなるでしょう。

引越し業者との連絡やインテリアの不備などによるトラブル

一般の会社であれば、ほとんどの会社がオフィス移転をはじめて行うというところも多いかと思います。
今まで事務所の移転なんて経験したことがない方がほとんどですので、移転の担当者に任命されてから一体何からやればいいのか、最初はさっぱり分からないことです。
事務所の移転はとにかく大掛かりな作業で大変なので、とにかく細かいところすべてをくまなくスケジューリングしていく必要があります。
ここでほとんどの人が口をそろえていう事で一番大変だったのは、引越し関連他、たくさんの業者の管理であるといえます。
少しでもスケジュールの調整にミスが発生してしまったことで、設備工事業者さん、内装業者さんなどの現場作業時期が重なってしまい苦労したいうケースもあります。
社内を一人で全てやるには非常に労力と手間がかかるといえます。
また、この移転の機会に高額な会議用のテーブルや椅子を購入したのはいいものの、いざ搬入という時になってエレベーターに乗り切らないことが判明し、ここで事務所と販売店との連携が不十分で事前にわからないくて返品して再度調製しなおすことなどのケースもあります。

まとめ

事務所を移転する際のトラブルには主に上記の2つが多いのではないでしょうか。
特にインフラ設備に関しては徹底しておかなければ事業をスムーズに開始することができないため、時期に余裕をもって入念にチェックしておくことがベターです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました