事務所の移転における重要な要件とは何か?

オフィスを移転する際の要件となってくることはどんなことでしょうか。
企業によって様々な理由があることは確かですが、ここでは具体的に例を挙げて解説していきます。

人員の増減による移転

オフィスの移転を検討している企業はたくさんありますが、そこにはどんな要因があるのでしょうか。
まず一番多い理由の1つとして、大きな人員の変更が見られた場合です。
例えば新卒や中途で入社してきた社員の増員に伴ってオフィスが手狭になり、社員に与えられるワークスペースが限られてくる場合などです。
この場合、事務所を移転させることによって、社員にストレスができるだけ掛からないように仕事をしてもらうには適度なワークスペースを確保してあげることでしょう。
社員のモチベーションのアップや、士気を高めることにより会社としての勢いを高め、それが業績のアップに繋がると考える会社もあるようです。
またそのほかの理由としては、人員が減ってしまったことにより、オフィスの面積が余った場合などにも移転を検討する企業もあります。
与えられるスペースが大きすぎると社内での意思伝達に時間が掛かり、逆に仕事の効率が下がってしまう場合もあるため、余分な空間がないオフィスを使用することが重要だといえます。

好立地の場所に事務所を構える

オフィスの移転の要因として前向きに考えるられる事で多いのは、好立地の場所に事務所を構えたいということです。
例を挙げると、国の政策で利益や売り上げ等が大きく変わる可能性がある業種の会社は、国会前や中央官庁等が近辺の霞が関や虎ノ門といった場所にオフィスを構える場合が多いです。
少しでも早く事前に、情報を収集できる利点があるためです。
また、SNSを事業に持っている会社やインターネット関連会社、IT企業などの企業は、渋谷エリアにオフィスを構える傾向があります。
これは若者の町と呼ばれる渋谷に事務所を構えることによって常に最新の情報やトレンド、若者が好む商品の流通などを敏感にキャッチできる可能性が高まるためです。
また、同業者との交流を得る機会にも繋がることがメリットの1つともいえるでしょう。
しかし、好立地の場所は賃貸料が割高になる傾向があるため、デメリットはコストが掛かってしまうことにあるでしょう。

まとめ

ここまでオフィス移転の要因や背景について説明してきました。
事務所を移転することは大きな理由があることが多いですが、コストを考えて移転を考える他にもたくさんの理由があることが分かりました。
オフィスを移転する際のメッリットとデメリットをしっかりと考える必要がありそうです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました