コロナの影響でオフィス縮小移転する企業が増えています。

新型コロナウイルスの影響で、「テレワーク」や「在宅勤務」を導入する企業が増えています。

 

そして、オフィスを縮小したり都心から郊外へ移転する傾向もでてきております。

 

本記事では、テレワークによりオフィスを縮小移転するメリットデメリットや理由について解説していきます。

 

テレワークでオフィス縮小し移転するメリット

まず、出社する人数が減少することで感染のリスクを減らすことができます。

 

そして最大のメリットは、オフィスの家賃や光熱費、社員の交通費などの固定費も削減できます。

 

社員のテレワーク環境整備に還元したとしても、大きな経費削減になります。

 

テレワークでオフィス縮小し移転するデメリット

テレワーク最大のデメリットは情報漏洩のリスク増大になります。その為、テレワークを導入するのであれば同時に情報セキュリティ対策に積極的に取り組む必要があります。

 

また、テレワークでは直接的なコミュニケーションが取りづらくなることが想定されます。

 

社員同士の情報交換できる場やストレス対策、やリフレッシュ効果が出る対策も必要になるでしょう。

オフィス縮小でコワーキングスペースやシェアオフィスの需要が高まる

コロナの影響で都心から郊外へ移転される企業もでてきております。

 

また、都心であってもコワーキングスペースやシェアオフィスを利用して他企業とシェアしながら利用するケースも増えてきております。

 

これからオフィスを縮小移転される企業が増えてくると予想されますので、ますますコワーキングスペースやシェアオフィスの需要が高まると思います。

 

オフィス縮小移転される理由

上記のように、ワークスペースをアウトソーシングすることで、高額な家賃、内装費、オフィス家具、ネットワーク工事といったコストを削減できます。

 

また、テレワークを導入することで、社員の生産性の高い労働力を得ることができるのかもしれません。

 

オフィス縮小移転でやるべきこと

まずは事務所の解約をします。契約内容によって、解約日は異なります。

 

次にオフィスの移転業者、オフィス家具やパーテーションの処分、原状回復業者をさがす必要があります。

 

それぞれの業者に別々で依頼してしまうと費用が高くなる可能性が高いので、弊社のように自社で一括で出来る業者に相見積もりをする必要があります。

 

その中で一番安い業者は相場より安い業者と言えるでしょう。

 

コロナの影響でオフィス縮小移転する企業が増加【まとめ】

新型コロナウイルスの影響で、テレワークや在宅勤務が増えました。そして、オフィスの縮小や郊外へ移転される企業まで出てきております。

 

コロナの収束がいつになるかわからない状況の中で少しでも経費削減、内部留保出来る仕組み作りが始まっているように思えます。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました