オフィス移転・新設にかかる初期費用にはどんなものがある?

皆さんはオフィス移転の際に掛かる初期費用についてご存知でしょうか?
本記事では、オフィス移転や新設にかかる初期費用について詳しく解説していきたいと思います。

オフィスに直接かかる初期費用

オフィスを移転する、もしくは新設する場合には、初期費用にそれなりの額がかかります。
最も大きなものの一つとして、オフィスそのものにかかる費用があります。
賃貸契約を結ぶにあたっての費用ということで、ほとんどは不動産会社やオーナーに支払うものです。

その中には、敷金や礼金、保証金があります。
一般住宅の場合だと、保証金はほぼないか、かなり低額ですが、オフィスビルの場合は高額になる傾向があります。
地域やビルのタイプによって差がありますが、家賃の3か月分から6ヶ月分くらいを徴収されることもあります。
もちろん、これは退去の際に返却されるものですが、最初に払う必要がありますので初期費用に見積もっておかないといけません。

賃料は坪単価での計算で相場が決まります。
それぞれの立地条件やビルの作りによって坪単価が決定され、それぞれのオフィスの面積に応じて最終的な家賃が決定されます。
オーナーによっても違いがありますが、前家賃として支払うことが多いので、初期費用もその分高くなります。

設備や器具などを導入するコスト

どんな業務をするかによって、必要な設備や器具が変わってきます。
事務作業がほとんどであれば、デスクやチェアー、パソコン、プリンターやコピー機などのOA機器が含まれます。
さらに、福利厚生のために多少の飲食ができるスペースと器具を設けるのも普通です。
さらに、インターネット環境や電話回線などの導入も必要となります。
こうした設置費用は、LAN環境の規模によっては結構な額になることもあるので見積もりを事前にした方が安心です。

マッサージ、美容室や飲食店などの、様々な器具設備が必要となる仕事では、さらに導入コストがかかります。
器具の購入費用に加えて、搬送費用や設置料金がかかることも多いので事前に計算しておきましょう。

工事費用がかかることも

しっかりと設備が整っている物件であれば、家具や設備を運び込むだけで済みますが、場合によってはいくつかの工事をしないといけないこともあります。
たとえば、電源タップを増設するなどの電気工事があります。
容量アップなど工事の内容によって料金は随分変わります。さらに内装、空調、セキュリティ工事などもあります。

まとめ

オフィス移転や新設に伴う初期費用は、かなり様々な分野にわたります。
移転をする前に、漏れがないようにしっかりとそれぞれの項目でのチェックをすることが大事です。
その上で、オフィスに必要な工事か、節約できるところはないかを検討して無理のない予算を組むようにしましょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました