住宅に開放感を与えるガラスパーテーションの魅力

空間の活用法としてさまざまな場所に取り入れられているのがパーテーションです。
本来は「partition」なので「パーティション」と表記したいところですが、慣例から「パーテーション」とも呼ばれています。
元の英語の「partition」を見てもおわかりのように、パーテーションとは衝立などを使って部屋を区分するという意味です。
オフィスなどで、目隠し代わりにパーテーションを設置しているところは多いのではないでしょうか。
しかし、ここでは、一般住宅に用いられるガラスパーテーションの魅力をお伝えしていきます。

ガラスパーテーションとは

ガラスパーテーションとは、その名の通り、ガラス製のパーテーションのことです。
冒頭でパーテーションは目隠しなどの用途で用いられることが多いと述べましたが、ガラスパーテーションはガラス製なので透明になっています。
そのため、目隠しではなく、逆に広々と開放感を出すのに用いられることが多いです。
部屋を区切るのにパーテーションは便利ですが、狭い空間をさらに狭く区切ると圧迫感が出てしまいます。
パーテーションが本来持つそのデメリットを克服したのがガラスパーテーションなのです。

透明じゃないガラスパーテーションもある

ガラスパーテーションはガラス製で透明なため開放感が出ると述べましたが、透明だと丸見えになるから仕切りの意味がないとの声が聞こえてきそうです。
そういう方には、ガラスパーテーションのなかでも、すりガラスやカラーガラスなど向こう側が見えない素材を使っている製品をおすすめします。
こうした半透明のガラスは、丸見えを防ぐだけのプライバシーを確保しながら、日光や照明など光は透過できるのが特徴です。
パーテーションで区切ると明かりが届かなくなるような奥まった場所に設置するとよいでしょう。
階段や玄関にもおすすめです。

ガラスパーテーションの安全性

ガラスパーテーションで気になるのがその安全性ではないでしょうか。
ガラス製ですので、強い衝撃が加わると割れる恐れがあります。
ただ、パーテーションの素材として採用されているガラスはふつうのガラスではありません。
強度の高い強化ガラスなので滅多なことでは割れませんし、たとえ割れても細かい粒状に割れるため、破片が突き刺さるような心配は無用です。
防火性もある程度は期待できるため、通常のパーテーションより安全性は高いぐらいでしょう。

まとめ

一般住宅にもおすすめのガラスパーテーションですが、ガラスを扱う以上、DIYでの設置は難しいです。
安全性を考えると、リフォーム会社など専門業者に依頼するべきでしょう。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました