パーテーションをオーダーメイドするメリットとデメリット

住宅用のパーテーションには市販品もあるため、簡単なものならDIYも可能です。
とはいえ、市販品には自宅の大きさにぴったり合うものがないということもあるでしょう。
また、オフィスには良くても自宅には殺風景すぎるといったデザイン性の問題もあります。
となると、考えるべきはオーダーメイドということになりますが、パーテーションをオーダーメイドする時のメリットやデメリットには何があるでしょうか。

パーテーションをオーダーメイドするメリット

パーテーションをオーダーメイドする最大のメリットは、業者にこちらの好みや希望を伝えるだけでお望み通りのパーテーションを作ってもらえることです。
もちろん作るだけでなく設置までやってもらえるので、大がかりでDIYでは難しいようなパーテーションでも、自分の好きなデザインで好きな場所に安全に設置できます。
ちょっとしたスペースの間仕切りとして欲しいだけでも、DIYよりはるかにきれいに仕上がるため、オーダーメイドはおすすめです。

パーテーションをオーダーメイドするデメリット

オーダーメイドのデメリットといえば、何をおいてもコストでしょう。
DIYでできる程度の小さなパーテーションを作ってもらうだけでも、費用は軽く倍以上かかるのではないでしょうか。
もちろん素人の自作とは比べ物にならないほどのハイクオリティーを期待できるというメリットはありますが、高すぎて手が出せないという人は少なくないでしょう。
また、そもそもの業者の選定にも手間取るのがデメリットです。
パーテーションをオーダーメイドするといっても、どこにお願いすればよいかわからない人が多いのではないでしょうか。工務店やリフォーム業者に1軒1軒問い合わせるのも面倒です。

セミオーダーも検討しよう

オーダーメイドできるほどの予算はなく、DIYでゼロから自作するのも難しい場合はセミオーダーという手もあります。
セミオーダーとは、材料のカットなどある程度の準備段階を業者にやってもらって、実際に組み立てたり設置したりするのを自分でやる方法です。
これならオーダーメイドより安く抑えられますし、最初から自作するより完成度の高いものができあがります。

難しい場合は専門業者に頼もう

パーテーションは自作することも可能ですが、サイズや設置する場所によっては専門業者でなければ難しいこともあります。
できる範囲は自分でやるセミオーダーという方法も検討に値しますが、どうしても難しい場合はやはりオーダーメイドがおすすめです。
多少のコストはかかっても、自分の希望通りのものを安全確実に設置できるのは専門業者ならではのメリットでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、パーテーションをオーダーメイドするメリットとデメリットについて解説させていただきました。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました