パーティションでオフィスづくり

オフィスづくりにかかせないアイテムと言えば、パーティションです。
今回は、パーティションを使ったオフィスづくりを中心に解説していきたいと思います。

今のニーズに合ったオフィスづくり

ただ働く場所を用意するのではなく、企業がより成長していくために、社員の働く環境を整えていくことが各企業で重要視されています。
そして、オフィスづくりをするにも社員の声や現代のニーズを取り入れていくことが必要です。
時代に合ったオフィスを創造していくためにも、変化に対応が可能で自由に空間を生み出せるパーティションが注目されています。
オフィスをオープンにすることは、コミュニケーションの向上や全体を見渡せるなどがメリットです。
一方、プライバシーの観点から不安を感じたり、話し声や物音から集中出来ないというデメリットもあります。
また、圧迫感のあるスペースや、無機質のありきたりな環境では新しいアイデアの発想も見込めないかもしれません。
仕事や作業の効率は、働く空間によって大きく左右されるのです。
パーティションを使い独創的な空間を生み出すことで、様々なニーズに対応が可能となり、結果的にオフィス全体の士気を高めることが期待出来ます。

理想に合わせたパーティション選びを

パーティションと言っても、種類は様々です。
単純にデスク間の間仕切りを目的としたモノや、高さ180cmを超えるモノ、さらに天井まで間仕切るモノもあり、目的によって多種多様です。
パーティションパネルのカラーバリエーションも豊富にあり、生み出したい空間に合った色を選ぶ事も出来ます。
遮音性もあり、デザイン性にも優れた会議室を作るという場合、全面をガラスパーティション施工で囲い、1つの部屋でありながらもガラスを使う事で開放感のある空間を生み出す事が可能です。
遮音性もあるので、重要な会議などにも活用出来ます。
もちろん、開放感よりセキュリティやプライバシーを重視した施工も可能です。働きやすい環境を生み出すために、様々な意見を取り入れ、選んでいくことが重要となるでしょう。

植物を使ってリラックス効果なオフィス

近年では植物をふんだんに取り入れたパーティションを採用している企業も少なくありません。
緑はおしゃれな雰囲気を演出する以外にも、視界に植物を取り入れる緑視率を上げることで、目の緊張を緩和するヒーリング効果も発表されています。
オフィスでは、PCなどで目を酷使する作業が多くあり、目の疲れから仕事効率の低下にも繋がりかねません。
視界に入りやすい高さのパーティションを用意し、そこへ植物を並べるだけで、簡単におしゃれと目に優しい空間を作ることが可能です。
観葉植物を設置するだけでなく、パーティションと組み合わせることでリラックス出来る空間を演出できるでしょう。

自由なオフィスづくり

パーティションとソファーを組み合わせ、ファミレス風の空間を演出する事が出来ます。
ファミレス風のテーブルなら書類や資料を広げつつ作業が出来たり、簡易的なミーティングスペースとしても活用が可能です。
また、オープンスペースにすれば窮屈感も緩和出来ますし、休憩スペースなどにも便利なので、注目されているオフィス環境のひとつです。
またパーティションパネルを設置し、そこにアート作品のシートを張り付けスタイリッシュな空間を演出したり、沢山の花で彩られたパネルで優雅さを演出する事も可能です。
企業の社是やアイデンティティを表現する場所としても使えます。
この様に、パーティションはアイデア次第で多様な空間表現が可能となるのです。

最後に

働きやすい環境やニーズに応えたオフィスづくりは、企業のプラス成長のための重要な要素のひとつです。
パーティションを使えば、多様な空間表現が可能となります。
ただ、コストや納期、オフィスビルの環境にも左右されるでしょう。
何が必要なのかを明確にし、取り組んでいくことが求められます。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました