アルミパーテーションのことならパーテーションメーカーに相談

オフィスのレイアウトを決めるパーテーションですが、パーテーションを選ぶ際にふと気になるのがどのメーカーのものを選ぶのがよいかではないでしょうか。
実はパーテーションはさまざまなメーカーが販売しています。
ここでは、アルミパーテーションを選ぶ際に、パーテーションに特化したパーテーションメーカーを選ぶべき理由と、アルミパーテーションのメリットなどについてお伝えします。

パーテーションを製造販売するメーカーはたくさんある

アルミパーテーションを扱うのはパーテーションメーカーだけではありません。
デスクなどのオフィス家具全般を扱うオフィス什器メーカー、アルミガレージなどを扱うシャッターメーカー、ブラインドなどを扱うメーカーなどさまざまです。
どのメーカーの製品を選んでもかまいませんが、デザイン性やコストを重視するなら、やはり豊富なラインナップを持つパーテーションを専門に扱うパーテーションメーカーをおすすめします。

短納期希望ならアルミパーテーション専門業者に

アルミパーテーションは、アルミフレームにパネルをはめ込むシンプルな構造が特徴で、スチールパーテーションと比べて軽量というメリットがあります。
設置するのにもそれほど時間がかからず、依頼から短納期で完成することが多いでしょう。
ただ、実際の納期はメーカーによってさまざまです。
アルミフレームの設置はそれほど難しいことではないですが、これまでどのような施設に納入してきたかという過去の実績によって変わってきます。
短納期を希望するなら、アルミパーテーションの納入実績の高い専門業者がおすすめです。

アルミパーテーションはデザインが豊富

アルミパーテーションは短納期で設置できるのが大きなメリットですが、スチールパーテーションと比べて無骨な印象があるのではないでしょうか。
これは、パネルのつなぎ目が隠せるスチールパーテーションと違って、アルミパーテーションの場合、パネルとパネルのつなぎ目のフレームがむき出しになってしまうことが原因です。
ところが最近では、色とりどりのパネルカラーや、企業のロゴなどを印刷できるパネルも登場しています。
そんなバリエーション豊富なアルミパーテーションを選べるのもパーテーションメーカーの強みです。

まとめ

加工しやすくさまざまなレイアウトに対応できるアルミパーテーションは、低価格で設置も簡単と多くのメリットがあります。
遮音性や耐熱性はスチールパーテーションに負けますが、今ではアルミパーテーションにもさまざまな種類がありますので、ラインナップの豊富なパーテーション専門店に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました