内装工事の流れ・ステップは?

新築工事とは違い、内装工事は着工から1~2ヶ月で完成します。
とはいえ、内装のレイアウトやデザインの計画、施工業者の選定など事前に行うべきことは沢山あるため、店舗やオフィスのオープンから逆算して3~4ヶ月前からプロジェクトを進めていく必要があります。
ここでは内装工事の完了・引き渡しまでの大まかな流れをご説明します。

内装業者の選定

内装の設計やデザインをプランニングする際には、設計会社へ依頼して、その後施工業者に依頼するという方法があります。
ただ、この場合、2社に依頼することになるため費用も時間もかかってしまいます。
ですから、余程デザインにこだわりがあるというケースを除き、設計と施工の両方を請け負ってくれる内装業者に一括して依頼すると良いでしょう。
内装業者は自社に設計士やデザイナーを抱えており、ホームページで施工例を公開していますから、見て気に入ったものを候補としてチェックしておきましょう。
リストアップした幾つかの業者に店舗やオフィスのレイアウトと見積書を作成してもらい、比較検討して1社に絞り込みます。

内装業者との契約

選定した内装業者と契約を結びます。契約書にこれといった書式はないため、大抵は業者側が用意した契約書にサインすることになります。
当然ながら、サインの前に内容を入念にチェックしておくことは大切です。
追加工事や別途工事、費用の支払日、アフターフォローや保証期間についても細かく確認しておきましょう。
特に、費用の支払日に関しては、契約時に半金、工事完了後に残りの半金を払うのが一般的ですので、一括前払いを要求してくるようならその理由をきちんと説明してもらいましょう。

内装工事・引き渡し

無事契約を終えると、いよいよ内装工事がスタートします。
見積書と一緒に工程表も渡されるはずですから、その工程表通りに進んでいるか随時確認しましょう。
内装工事は実際の現場で調整されることも多々あります。
実際現場に立ってみて変更したい点が見つかることもあるでしょう。
そのような場合、早い段階であれば調整や変更が可能ですから、やはり週に1~2回は現場に足を運ぶことをお勧めします。
工事が終了すれば、竣工検査に立ち会って設備に不具合はないか、什器の使い勝手はどうかなどをチェックします。
問題がなければ書類にサインして、引き渡し完了となります。

まとめ

内装工事は難しい専門知識も関係するとはいえ、「自分は素人だから」と遠慮せず、気になることは随時質問し、こちらの要望を伝えるようにしましょう。
質の良い業者であれば、できる限り依頼者の要望に沿った工事ができるよう調整してくれるはずです。

関連ページ

おすすめの関連記事

オフィスの内装工事を依頼するなら【オフィスボール】

販売業者 オフィスボール株式会社
代表取締役 小玉 聡
許認可等 東京都公安委員会 事務機器商(古物商) 第307761706833号 産業廃棄物収集運搬業許可 東京都 許可番号 第13-00-201060号
本社所在地 〒125-0062 東京都葛飾区青戸3-27-15 3F
新橋オフィス 〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル1006
オフィスボール 足立店 〒123-0874 東京都足立区堀之内2-10-18
電話番号 03-5837-4430
FAX番号 03-5837-4429
MAIL info@office-ball.com
URL https://office-ball.com
営業時間 10時〜18時
定休日 土曜 日曜 祝日
タイトルとURLをコピーしました